スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナートップ時のアウターチェーンリング内側とチェーンの干渉

フロントをインナーにして、リアをトップにする、いわゆる「たすき掛け」状態にすると、(FDのガイドプレートはトリム操作で回避できるものの)アウターチェンリング自体とチェーンが干渉して、音鳴りすることがあるという現象。改めてネット検索してみたら、干渉することがあるのは当たり前だーという真っ当なコメントから、メーカーの設計ミスだ怠慢だ不良品だ返品交換だという過激なものまで、いろんな話が飛び交っているようですね。メーカーが「干渉することがある(仕様だ)から、使わないでね」と言ってるんだから、それで終了でいいと思うのだが、ダメなんでしょうかね。そもそも最新モデルの性能どころかメーカーの正規の組み合わせも満足に体感したことがない、中古パーツを組み合わせて組んでいるような貧乏人が何を言う資格はないのだけれど…。

個人的には、インナートップの「たすき掛け」なんて、コンマ1秒を争うレース中とか緊急時以外は使用しないのが当たり前、クルマで言えばクラッチ踏まずにシフトチェンジするようなものだと認識していたのだけど。友達がいないもので、先日珍しく数人で軽く走りに行ったところ、前を走るフルカーボン9000デュラ組バイクの方が、緩い上りでほとんどずっとアウターローで走っているのが気になってしょうがなかった。私の認識が間違っているのだろうか。

私は自転車をいじり始めてからというもの、チェーンラインというものをそこまで気にしたことがない。Qファクターはわりと気にしているが。まあ変速できればいいだろ、くらいの気持ちでいる。というかチェーンラインが数ミリ程度動いたところで変速に支障が出ることなんて普通に考えればまずないし、だったらQファクターを極限まで詰めた方がいい。変速に明らかに支障がある場合は別として、たすき掛け時のチェーンラインをどうこうするためにQファクターを広げるなんて愚の骨頂だ。これも間違った考えなのだろうか。

それはいいとして、ミケの場合(クランクはFC-5500、チェーンリングはたぶんFC-6500用、FDはFD-6500、チェーンはKMC X10SL、リアスプロケはCS-6600。ようするにめちゃくちゃ)。インナートップにすると、アウターチェーンリング内側とチェーンが、かすかに接触して、シュルシュル…という音がする(FDはトリム操作すれば全く当たらないし、しなくてもギリギリ擦れるか擦れないかの状態)。走行中は絶対に使わないので(インナー時のトップ2枚と、アウター時のロー2枚は基本的に存在しないものと思っている)現状でも全く気にならないのだけど、非正規のパーツ組み合わせで使い続けている人間の意地に掛けて、どうにか対処してみようじゃないか、と。

といっても、具体的には、クランクとアウターチェーンリングの間にスペーサーを入れてアウターを外に出すか、クランクとインナーチェーンリングの間にスペーサーを入れてインナーを内に入れるか、どちらかしかない(スギノの専用品は高いから汎用のシムを使えばいいだろうと思っていたが、ホイールマニュファクチュアリングのなら単価80円以下か。別に高くないな…というか20枚入りって、何用??)。けど、やりすぎるとアウターとインナーの間にチェーンが嵌まっちゃう可能性がもしかしたらあるかもしれないし…と思って観察してみたが、見てもよく分からない。あと0.5mmほど間隔を広げたら、はたしてチェーンのインナーリンクがチェーンリングの歯に一時的にでも乗り上げちゃうような可能性が、もしかしたらあるのかな。ないのかな。実際にやってみないと何とも。でもよくよく考えてみたら、このチェーンリングは9s用なので、チェーンの外幅6.6mmを想定している。そこに5.88mmの10s用チェーンを使っている時点で、チェーンの中心で考えると、アウターからチェーンが滑り落ちるときの想定落下地点よりインナーチェーンリングの歯が既に0.4mmくらい離れている計算になる。それを更にスペーサーで離すのは、なんとなく気分的に良くない気がする。やめておこう。はい終了。

あれ、ということは、チェーンが9s用だともっと擦るのかな?と、ぜんぶちゃんと9速用で組んだ別のバイクを観察してみると…。似たような状況だった。インナートップだとかすかに擦れるけど実用上全く問題のないレベル。そっちのバイクとはチェーンステイ長(リアセンター)も少し違うから一概には言えないけど。

逆に言えば、少なくともアウターとインナーが0.4mm程度離れても何の問題もないとも言える。正規の組み合わせ(9sと10sを混ぜたりしていない)で、アウター内側とチェーンが実用上支障のあるレベルまで干渉するという人は、チェーンリングスペーサーを試す価値は十分にあるだろう。

リアセンターといえば、360mmという驚異的な短さのミニベロ、紺くん(基本的にぜんぶ9速組み)。当然、インナートップにするとアウター裏とチェーンが擦れまくってかなりシャリシャリ言う(ただし使っても特に不具合はない)。こいつに、フロントの変速性能が格段に向上したと言われている「SG-X」チェーンリング(7800デュラ、10速用)を付けてみたところ…。インナートップにするとシャリシャリ言うどころか、チェーンがアウターに上ろう上ろうとして、回す度にカチャンカチャン言う。そして、FDの「トリム操作」をしただけで、即座にアウターに上がってしまう。SG-Xチェーンリングの変速性能恐るべし。こいつはインナーからアウターにチェーンが上りやすいようにアウターの裏側に「道」が作ってあるのだが、その「道」が中級グレードは薄くプレスしてあるだけなのに対し、デュラなど上級のはCNCで深く削り込まれている。見ただけで変速性能が高いのが分かる。これはすごい。一度使ったらもう戻れないくらいすごい。けどそのせいでインナートップが全く使えなくなってしまった。元々使わないからいいんだけど。

結局結論のない話だった。


関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。