スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ外径の公称と実測

というタイトルの割に正確な実測はしてません。インチアップの話にはタイヤ外径の話が常に付きまとう。しかし、幅をミリ、ハイトを幅に対するパーセンテージ、リム径をインチで表示するなんていう正気とは思えない表記法のため、話がややこしくなっているのです。

で、同じ呼びサイズのタイヤでも、当然メーカーやモデルによって実際のサイズは違うわけで。しかも、ゴム製品だし、組むホイールのリム幅が違えば外径も変わるし、使えばすり減るので、更に公称と実寸には差が出るわけで。タイヤスペック検索とかすると、外径などのメーカー公称値が見られるが、総幅はリムガードとかも影響してくるので各社まちまちの数字になっているものの、外径に関しては、同じ呼びサイズであれば、多くのメーカーが同じ数値(計算上の外径と同じ)を表示している。が、中には計算上の数値とは違う数値を表記しているところもあるので、一応単純な呼びサイズではなく、設計上の数値なのだろう。これってどのくらい当てになるのだろうか。

195/40ZR17と205/40ZR17の外径差

左は、ミシュランのパイロットスポーツ3、205/40ZR17。外径は596mm(公称値)。右は、ピレリのPゼロネロ、195/40ZR17。外径は588mm(公称値)。…どう見ても半径で4mm、直径で8mmの差には見えないんですけど…。

実際は、左のミシュランはほとんど新品なのに対し右のピレリは少しすり減っているのと、組んでいるリム幅がどちらも7.5インチ、つまりミシュランは標準リム幅だがピレリは標準より半インチ広いリムに組んであるので、その分外径が小さくなっていることは考えられる。でも減ってると言ってもせいぜい2mmくらいだし、リム幅の多少の変化くらいじゃ外径はそんなに変わらないと思うけどなあ、と思って計算してみたら、標準の7インチリムでハイトが最大になると仮定すると、7.5インチリムで1mm、8インチで2mm、直径が小さくなるだけ。誤差だった。

じゃあ、多く見積もってもミシュランとピレリの現状の外径差は半径で7mmかそこら。…あれ、意外と妥当?と思い、写真を撮った時から1年以上を経て、今さらのようにざっくりと直径を測ってみたら、ミシュランは592mmくらい。1年の間にすり減った溝の深さを考慮すると、新品時は595mm程度と思われる。ピレリは、582mmくらい。減ってる分と、リム幅の影響を考えると、新品時で標準リムに組んだ場合は587mm程度か。あれ、正確に測定したわけじゃないけど、ほとんど公称どおり?

公称値が同じでも実測はこんなに違うんだぞ、と言いたかったのに逆の結果になってしまった。いずれにせよ、この、半径にしてわずか4mmという違いで、フェンダー内側にあちこち干渉したり、随分大変な目にあいました。ヨーロッパ車のフェンダー内クリアランスの少なさは本当にシャレにならん。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

楽しく拝見しました。
HGT ABARTHへの愛情が伝わってきますね。

私の愛車も148,000kmオーバーですが、
欲しい車がありません。
治しながら、うまく付き合っていきたいと思っています。

また、よろしければ、mixiのコミュニティにも遊びにきて下さい。

コメントありがとうございます。
ブログとか書いてましたでしょうか?以前ネットで拝見したかもしれません。mixiやってないですが…コミュあったんですね!
私は「もう次の車検は通さない」と決めて(実際は分かりませんケド)後先考えずに好き勝手いじってく方向でいこうと思ってます。
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。