スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紺】ハンドル交換 NITTO M106NAS

ミケにM106NASを装着して、その使い心地の良さに心底惚れ込んでしまい、これは紺くんにも導入せねば、とは思っていた。が、障害が二つほど。ひとつは1万円に迫る価格。良いものなのは分かるけど、その半分も出せば普通に使えるものが買えることを考えると躊躇してしまう。熱処理で高剛性?街乗りチャリの紺くんにはオーバースペックでしょう。もうひとつは、ディズナJ-FITを装着した現状で、ポジション自体は非常に満足してしまっていること。今これだけハマってるのに、交換して悪化したら目も当てられない。

後押しする要素も二つ。ジェイフィットは使い勝手は良いものの、形状が気に入らない。もちろん見た目の、という意味だけど、下ハン形状に関してはM106と比べると使い勝手も劣る。下ハンをよく持つようになってすごく気になるようになった。アナトミック嫌い。アナトミックシャロー最高。そしてもう一つの、最大の要因は、ジェイフィットのカラーがブラックであること。紺くんに黒色のパーツは要らない。ハンドルの色なんて、バーテープの終わりからステムまでのわずかな範囲しか見えていないし、その上にサイコンやライトを取り付けるから、ほとんど問題にならないだろうに、気になりだすと止まらないのである。結局、このわずかな部分の色をシルバーにしたいがために、ハンドル交換に踏み切ったようなものである。ついでにバーテープも巻き直しとなると出費がかさむなーと思っていたが、よく見たら以前に買ったバーテープのストックがあるのを発見し、即実行した。

紺くんに Nitto M106 NAS ネットで画像を漁った段階で、M106にこの時代のSTI(ST-4400だけどST-5500とST-7700もだいたい同じだろう)を組み合わせると、ブラケット上がフラットにならないことは想像していた。案の定だった。無理にフラットにしようとすると、ハンドル肩のつぶし加工との繋ぎ目が合わなくて却って変なポジションになる。なので、ブラケットは少し上向きになる。その分、ハンドル肩から先が気持ち前下りになるように、ハンドルを「しゃくる」。都合、わずかだけどハンドル肩から「下がって上がる」感じになる。ブレーキレバーの角度を見るとジェイフィットのときよりブラケットがだいぶ上向きに思えるけど、試走した結果、この状態に落ち着いた。

紺くんに Nitto M106 NAS 全体図 うん、まず見た目に満足。色がシルバーになった…のはこの角度だとまったく分からないけど、印象の変化は大き…くもなかった。でもこのわずかな違いが重要なのです。ステムが上向き(といっても90°だけど)なので、コラムからブラケットまでのラインが、「上がって下がって上がる」というラインになるのが、ものすごくイヤなのだけど(モドロのヴィーナスとか3Tのモルフェウスとか嫌)、これは微々たるものなので特に気にならない。そんなことよりも、アナトミックシャローの下ハンの滑らかなラインが、自転車全体のシルエットを引き締める…かどうかは見る人によって変わる。

交換が終了して、走ってみた結果。の前に、最近サドルが低い気がしていたので(ミケよりも意図的に5mmほど低くしていた)、ミケに合わせて5mm上げてみた。そしたら、漕ぎやすくはなったけどそれ以上にハンドルが低くなったことの方がインパクト強くて面食らったが、測ってみたらハンドル落差がミケと同じになってた。街乗りリラックスポジションのつもりだったのに。まあいいや。で、走ってみた結果。

この、どう表現したらいいんだろう。ポジションがバッチリ決まったレーシングバイクに「パカッ」とハマる感じ(想像)とはまた違う、極上の包まれ感。見るからに心地よさそうなフカフカのソファにボフッと座ってみたら想像通り心地よくて、うひゃーって幸せな気分になった感じ。サドルを上げたこともあって以前よりバイクの上に浮かんでる感が強くなったから、魔法の絨毯みたいなものか。この心地よさに包まれて、どこまでも走っていけそう…に一瞬思えるけど漕いでいる人間がそういった力を持ち合わせていないのですぐに魔法が解けてしまうのだが。心配だった下ハンでのブレーキレバーの遠さも、さすがにジェイフィットより遠いけど、全然問題ない範囲。決して近くはないので、手の小さい人にはレバーの角度調整スペーサーが必要になるかも。

でもこれは本物だ。本当に良い自転車になった。今さら26.0mmクランプで良いハンドルを探しているなら最初からNITTOのM106NASを買うのが最大の近道である。と、いろいろ買ってみてコレに行き着いた人間が言ってみる。もっと早く行き着きたかったわけだが。ただ、アナトミックに抵抗がなくてコストパフォーマンスを気にするならジェイフィット最強だろうとも思うので否定はしない。特に下ハンでのレバーの近さではディズナ圧勝。


関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。