スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンクした

まさか21世紀にもなって自動車のタイヤがパンクするなんて。というくらいの驚き。

ある日、C県の田舎道を走っていたら、タイヤから「チッチッチッ」という音が。またピレリのPゼロネロの溝に小石が挟まったか?と思ってチェックしたら、案の定小石が挟まっていた。で、小石を取り除いたら異音は解消したのだが、その際、左後輪のトレッド面に小さな金属片というか、ピン的なものが刺さっているのを発見してしまう。その場で抜こうと思ったのだが、もし万が一それで空気が抜けてしまったら困ったことになるので、そのまま街まで走った。で、セルフのガソリンスタンドで給油しがてら、どうしたものかと思案してたら、店員さんが「どうかしました?」と声を掛けてくれたので、状況を説明。トレッドの溝じゃないからパンクまでは至っていないと思う、と放置されかけたけど、このままというのも気持ち悪いので抜いてもらった。刺さってた金属片はそれほど長くなく、抜いた時点では、これはパンクまでは至っていないだろうという感じだったけど、念のため霧吹きでエア漏れをチェックしてみると、ごくごくわずかに漏れてるっぽい。そのまま放置ってわけにもいかないのでその場で修理してもらうことに。

パンク修理痕 ネットで見ると、パンク修理はタイヤ専門店でやってもらえ、ガソリンスタンドは専門家じゃないから技術に当たり外れがあるぞ、的な話が載ってた。そういうことは先に言っておくれよ。でもまあ、当たり外れは分からないけど滞りなく作業は終了し、最初はポコっと修理剤の突起があったが、しばらく走ったら画像のように突起も消えた(画像はざっと2,000km以上走った後の状態だが)。

その後の空気圧チェックで、パンク修理した側のタイヤの空気圧が反対側よりも下がっていた気がしたのだけど、パンク修理後の空気充填時にそもそも左右の空気圧がちゃんと揃っていなかった疑いもあるので、修理が不完全だったとは言えないまま今に至る(書いてるのはパンクから数カ月後)。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。