スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【み】なぜかホイール交換 Mavic Ksyrium Equipe

まだ大して距離走ったわけでもないのに、思わずホイールを買ってしまった。といっても、かなり使い倒した中古品だけど。マビックのキシリウムエキップ。上位機種のキシリウムエリートと比べると価格差とスペック差が見合ってないので存在意義がないとか言われていたかわいそうなモデル。これまでのイーストンEA70と比べると、実際の性能云々はともかくとして、グレードの位置付け的にも、価格的にも、重量的にも、年式的にも、状態的にもダウングレードとなる。と思う。何のために換えたんだよ?という感じだが、理由は単に、「非黒化」して、「銀化」したかったから。

キシリウムエキップにより銀化 どーん。一気に黒色勢力が減少して、銀色勢力が強くなった。満足。クラシカルな感じが強まったかといえば、本数少なめの扁平きしめんスポークで前よりレーシー()になったとも言えるし、なんとも中途半端な感じである。一応それも含めて狙い通り。本当は赤と黄色のロゴシールがもっと主張しているはずなのだが、中古品なので最初から色褪せてしまっていて、ほとんど目立たない。EASTONはロゴがうるさいの(それでも現行品より明らかに地味な旧型)が嫌だったから、色褪せてても気にならないどころかかえってスッキリしてくれて良かった。

Ksyrium Equipe 色褪せ ハブのロゴも見事に褪せている。元が赤文字だったとは思えないほどだ。田舎の古い一戸建てでよく見る、「猛犬に注意」の赤文字だけが色褪せて「  に注意」になってるプレートを思い出したのは私だけだろう。Mavicロゴの黄色も完全に白になっていた。赤と黄色は褪せやすいのである。この時代のマビックのステッカーが特に弱いという話も聞いたが真偽は不明。

…という状態なのだけど、回転はスムーズで、フレも皆無(少なくとも私基準では)、目立つ傷などもない。リムの減り具合は、判断基準が分からないけど実用上問題ないような気がする。ブレーキング時の利きムラのなさは明らかにEASTONより優れている。ようするに、文句のつけようがない。EASTONから前後で200g前後重くなったはずだが、走ってみても全く違いが分からない。リム幅が少し広くなったこととスポークが扁平で本数が減ったことにより空気抵抗は減ったはずだが、当然ながら分かるわけもない。ようするに私ごときは何を使っても同じということだ。何を使っても同じならば、見た目で選ぶのが正解ということだ。

というわけで、これ以上ない自己満足のホイール交換の話でした。ちなみに交換したのは数ヶ月前の話。


関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。