スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪・二度目パンク

予想通り、予報より早く雨が上がって路面が乾いたので、少しだけ空いた時間にミケで買い物に出かけた。

んで、途中で少し回り道をしてちょっとした緩い坂をわざわざ上りに行き(運動のためだからね。ヒルクライムなんて全然楽しくなんかないんだからね)、自分的にいいペースで上り切れそうだぞ、と最後の追い込みを掛けていたところで電話が掛かってきて中断させられ、テンションダウン。

目的地に着いたものの、買おうと思っていたもの(@35円)の在庫がなく、代わりになりそうなものを探すもいまひとついいものが見つからず、あったとしても予算オーバーで、更にテンションダウン。

失意のまま最短ルートで帰路を快走中、後ろからアホみたいにうるさいチャンバー入れたアホみたいな2スト原チャが近づいてくるのが聞こえた。同じ2スト乗りとしてうるさいなー迷惑だなーと思いながら、いや正確には、「排気音」と書いて「エグゾーストミュージック」とルビを振っちゃうコミックを嬉々として読むような私としては、うるさくても心地よい音ならいいのに、実に品のない音だなーと不快に思いながら走っていると、30km/hで走っている私を軽々と抜いていく。両側をビルに囲まれた道路なので下品音が実によく反響して、抜き去る瞬間とそれからしばらくは、周囲全体が爆音で満たされて他に何も聞こえない。と、そのとき。

急に後輪からガタガタと振動が伝わってきた。舗装がかなり荒れてる道だけどさすがにこれはおかしいぞ?と思って後輪を見たらペチャンコ。パンクだ。下品音に包まれていたので何も聞こえなかったし何も感じなかった。まさに突然。

タイヤにネジ刺さったすぐに歩道に降りて見てみたら…。タイヤのど真ん中にネジが見事に刺さってる。写真は少し抜きかけたところだが、当初はタイヤに完全に埋まるところまで刺さってた。くるくる回したらくるくると抜けた。後ろに予定が入ってるから急いで帰らなきゃ。ということですぐそこのマンションの前のスペースが日陰だったのに目を付けて、そこに避難してサクッと修理するかーと思っていたら、30秒もしないうちに奥の方から管理人が現れ、「何かー?」と。事情を説明して、日陰で作業したいから隅っこの方を貸してくれと言ってみたら、「知るかボケー部外者立ち入り禁止じゃー邪魔になるかどうかは問題じゃねんだー」と遠まわしに言われ、致し方なく退散。1本角を曲がったところの歩道の植え込み付近で作業開始。

パンク経験はほとんどないもののタイヤ・チューブ交換はもうだいぶ慣れたので作業自体はどうってことないのだが、さて、携帯用ポンプを使うのは久々だ。果たしてこれでどのくらい空気が入るのか。やってみたのだけど、明らかに全然空気圧足りていないところで挫折。力がなくて押せないんじゃないんだけど、途中で疲れちゃった。気を付ければギリギリ走れるレベルまで入ってれば、途中で自転車やさんにでも寄って空気入れ借りればいいやーと思い、それ以上努力するのをやめた。んで、おそるおそる走ってる途中で2軒ほど自転車やさんを見つけたが、どちらも「空気入れ有料」なのな。もしかしたら英式バルブ用のコンプレッサーが有料なだけで、フレンチバルブでハイプレッシャー対応の手動の空気入れだったら無料で貸してくれるのかもしれないが、今どき空気入れるのに金取ってるスタンスがなんかイヤで、スルー。結局そのまま家に着いてしまった。

帰ってから空気圧測ってみると、360kPaくらいしか入ってなかった。一応ハイプレッシャー対応の携帯ポンプだけど、これで800kPaとかまで入れるのってどれだけ大変なのだろう…。やっぱり普段乗りならCO2ボンベ持ち歩いたほうが便利だし、ロングライドなら多少大きくてもフロアポンプとして使える携帯ポンプ持ってった方がいいな。超小型携帯ポンプの存在意義って…。あ、ビードにチューブ挟んでないか確認するのにポンプで少しだけ空気入れられた方が便利か。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。