スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Minits Lite PT 寿命

ちょうどタイヤ交換(というかホイール交換というか)しようと思って、ホイールを外してみたら…。

Panaracer ミニッツライトPT リアタイヤがこんなことになってた。トレッドがぺろっとはがれ落ちてカーカスというかケーシングというかが見えている。トレッドがすり減ってこうなったわけではない。こんなのが2箇所もあった。フルフェンダー装着してるとリアタイヤのトレッド面って日常的にほとんど見ることないでしょ、なので気付かなかった…。もう少し放置してたらタイヤバーストして死ぬところだった。

406サイズでの定番、PanaracerのパセラコンパクトとかKENDAのKWESTとかはわりと長持ちする(もし長持ちしなかったらクレーム入れてよし)タイヤだが、ミニッツライトPTは、レース用コンパウンドを使用した(走りの面での)高性能タイヤなので、長寿命は期待できない。場合によっては半年くらいで交換が必要となる場合もあるのだとか。街乗りチャリに使用した私がバカだとしか言いようがない。それでも1年半近くノートラブル(パンクなし)だったので、よく頑張ってくれた方なのだろう。

教訓。磨耗がそれほど進んでいなくても、トレッドにひび割れが目立つようになってきたら交換しましょう。個人的には、オープンサイドのタイヤなのにサイドのケーシングよりトレッドゴムが先にダメになったのが意外だった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

オートバイレーサーのスリックタイヤと考えたら
乗らない期間が長かったり、一年以上使うか放置したり、トレッドに脱油や化学変化で亀裂が生じたりと…いうのは「即、交換」ですね。接地面に油が浮いたようになったらもう交換する場合もあります。

レースタイヤというのは予選用と決勝用と、その期間だけの寿命があればいいので、何ヶ月も通勤通学で使うようなことは想定外です。
自転車タイヤの場合も、街乗りシティサイクルと、スポーツタイヤと、レーシングタイヤは、分けて考えるべきでしょう。

ミニッツのばあい、あきらかにトレッドを接着しているだけなので、水分が絡んで脱油が進み、だんだんと接着が剥離していきます。最近のスニーカーやスポーツサンダルも接着なので、何年か雨の日もはいていると靴底や、ベルトがはがれてしまいますよね。

素人のたわ言にツッコミ入れてくださってありがとうございますm(_ _)m。
ミニッツライトがレース用だという認識が全くなかったので…オープンサイドのツーリング用タイヤなんかと同じ感覚で使っていた結果がコレでした。
スニーカーの接着剥がれ、私も経験したことがあります。これからはタイヤの経年劣化には特に気をつけたいです…。

ただ、自転車用タイヤの場合、問屋さんや小売店に何年も在庫されたものが普通に出回っている場合があるのが難しいところですね。
以前普通のシティタイヤが使用開始早々ひび割れてきたので、メーカーで調べてもらったところ、製造から5年以上(!)経っているものでした。在庫処分とかではなく普通に買ったんですけど…。
自動車・バイクタイヤはユーザーが製造年週を簡単に知ることができますが、自転車タイヤは見ても分からないので(たぶん)。

保管状況でも大きく変わるでしょうから、こまめにチェックするしかないですね。
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。