スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【み】シートポスト交換 NITTO Dynamic 626

NITTO Dynamic 626 シートポスト フレームと同時に手に入れたよく分からんシートポストから、クロモリフレームにはコレしかない!NITTOのシートポストに交換してみた(実際に作業したのは数ヶ月前)。重量は忘れたけど確か約50グラムの軽量化となった。どうでもいいね。ただ、サドルの角度が無段階で調整できるのが嬉しい。前のはスプラインが切ってあって段階的にしか調整できなかったから。オフセットがちょっと少なくて、ゾンコランのレールの滑り止めザラザラ加工がしてある範囲(おそらくこの範囲でクランプしてね、という意思表示)から5mmほどはみ出した位置でクランプ固定してどうにかサドル後退幅を同じにできた。まあこのくらいは大丈夫だろう。強度云々と言うのなら、クランプのエンド位置だけじゃなくクランプ自体の幅も大きく影響するはずだがそこに言及している記事を見たことがない。

NITTO Dynamic 626 断面 NITTOからは、「S65」と「ダイナミック626」という、2種類の似たようなシートポストが出ている。ロゴが違う以外は全く一緒に見えたので、日東さんに聞いてみたところ、S65はパイプの肉厚が均一、Dynamic626は前後方向と左右方向とで肉厚を変えて、剛性を保ったままほんのちょっと軽量化しているそうな。確かに、断面を見ると穴が楕円になっている。それ以外は全く一緒だそうだ。よって、Dynamic626の方がグレードは上の位置付けで、価格もちょっとだけ高い。けど、とある販売店によると、S65の方が見た感じ全体的に肉厚が薄く、同サイズでの実測重量ではS65の方がわずかに軽かったそうな。どうなってるんだ一体。外径によって違うのかもしれない。まあなんでもいいけど、626の方がNITTOの技術力とかコダワリとかが感じられて好印象。

Kally SP-248 シートポストをカットしてみた ところで、肉厚といえば、パナモリに組むべくKalloyのSP-248の長さをカットしたところ…。こんなにも肉厚が偏っていた。方向からしても意図的なものではない。カットする前の断面は均一に見えたのだけど…斜めに角が落としてあったから目立たなかったようだ。これが品質の差か。でもこんなんでも実用上問題はないだろう。圧倒的に安いし。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。