スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステムからパキパキ音 ― GIOSのスレッドステム

三毛を組み上げてわりとすぐ、まだ試走段階だったとき、突如ステムから異音が発生。ダンシングでステムにねじり方向の力が掛かると、ステムのクランプあたりから、パチチというかチリリというかピキキというか変な音がするときがあった。当初は初めて自分で組んだということもあってあらゆる可能性を疑ったけど、やはりステムのクランプという結論に至った。

増し締めしても直らないし、クランプとハンドルの接触部分にグリスを塗って締め直してみても直らない。けど、試しに別のステム(プロファイル)に交換してみたら嘘のように解消。そして、ステムを戻すとまた鳴る…。しかも、ダンシング時の剛性感が、プロファイルのほうが段違いに硬い。ジオスは、なんだか異様にしなるのだ。こんなのパワーのある人が使ったら折れるんじゃないか、というくらい。

GIOS純正ステム ところが、外してよくよく観察してみたら、予想外の事実に気付いた。2本のクランプボルトのうち、前(進行方向)側のボルト穴が浅くて、いっぱいまで締めてもクランプの隙間がわりと残るのだ。後ろ側のボルトは、クランプがぴったり接するまで締まる。オープンクランプの場合は両側の隙間が均一になるように両方のボルトを均等に締めるのがセオリーって思ってたから、その通りにしていたが、どうもそれだと前側のボルトが底突きして、トルクを掛けてもクランプを保持する力が十分に発揮されていなかったようだ。画像のように、後ろ側がほとんどピッタリ付きそうなくらいに締めて、あと均等にトルクを掛けたら、パキパキ音が一瞬にして消えた。ステムの剛性も上がったような…。もしかして単に締め付けが不足していただけ?

気のせいでなかったら恐ろしいことである。でも、仮に1本が底突きしてても、もう1本に十分なトルク掛けたらちゃんと保持されないのかなぁ。あと剛性に関しては、2本締めクランプだと4本締めと比べてローリング方向の剛性が弱そうだから(ハンドル本体の剛性次第だが)、クランプの隙間の片方が面で接した方がローリング方向に関して剛性が上がるとかあるのかなぁ。素人なので全然分からない。

それでずっと異音フリーな時を過ごしていたのだけど、しばらくして異音再来。ボルトが緩んだわけじゃなさそうだし、今度こそ原因不明。それでこの機にステムを交換してしまうことになる。

何にしてもステムの破損≒人生終了なので、ちゃんとしたものを、ちゃんと使いたいものです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。