スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルレバーのロードバイク

はじめてのロードバイクを組み上げてから日も浅いのに2台目を組んでしまった。ついうっかり格安のベース車両(要整備)手に入れて、そのまま売り払うのも惜しいし、とりあえず乗れる状態にしてみてからその後どうするかを考えようと思い。んで、そんなのに回せる予算もないので極力安く抑える方向で組んで、テストがてら軽く乗ってみたら、ダブルレバーの変速が面白すぎて、手放そうにも手放せなくなってしまった。でも置き場所がないので里子に出そうと思ってます。

ダブルレバーって、自動車でいうと、STIがパドルシフトだとしたら普通のフロアMTみたいなもんかね。ロードバイクにクラッチはないけど(ペダルのトルクを一瞬抜くのがクラッチ操作みたいなもんかな)。絶対的な速さではSTIと比べるべくもないが、操る楽しさがあります。で、このロードは年代物なのでリアはたったの6段変速だけど、ダブルレバーで操るにはこのくらいがちょうどいい。9速もあったところで、そんなに忙しく変速していられない。しかしながらこいつはフロントが50-42Tという設定なので、リアとの組み合わせをうまく使い分ければ最適なギア比を選びながら走れそう(ギア比計算してないけど)。

Panasonic PR-500 パナソニックのオーダーフレーム。最初のオーナーのネームが誇らしげに入っている。メーカーロゴなどは全部ステッカーなのに、ネームだけはクリア塗装の下にペイントで入っている。これがオーダーフレームの矜持。…それが二束三文で業者に売り払われた挙句に私なんかに買われてかわいそうに。入手時に完成車だったのだけど、タイヤ、チューブ、リムテープ、チェーン、バーテープ、ワイヤー類は消耗品なので交換。シートポストとステムは短すぎてポジションが出なかったので交換。ハンドルは幅も合わなければ形状も好みじゃないので交換。BBはゴリゴリいってたのでまるごと交換。サドルは穴開き以外認めないので交換。ペダルはSPD-SLだったけど対応シューズ持ってないので片面フラットに交換。ブレーキはシングルピボットだったが、見た目と制動力のバランスを取って同時代のデュアルピボットに交換。ほとんど固着してたディレイラーは分解清掃したけど、他は軽く掃除した程度。ヘッドパーツとかシフターとかホイールは何もいじってない。のに、長期間放置(だと思う)とは思えない軽快な走りを見せてくれた。素性がいいのな。フレームサイズが若干窮屈なのが惜しい。水平ステムだとめいっぱい上げても前傾がきついので外しワザで90°のステムにしてみたけど、見た目が…まだ許容かなぁ。でも後にやっぱり73°のステムに交換することになる。せっかくなので仕様を記録しておく。

 パーツ掛かった金額
フレームPanasonic PR-500 ORDER クロモリ(TANGE 2)…!!
フォークPanasonic クロモリ(TANGE)
ヘッドパーツTANGE VANTAGE車体に付属
シートピン車体に付属
ハンドルバー/バーテープTNI ErgonomicShallow ECO 400mm/Fi'zi:k Performance 3MM1,820円
ステムProfile Design H2O 110mm1,580円
サドルSelle Italia SLR Gel Flow手持ち
シートポストKALLOY SP-248 26.8500円
タイヤ/チューブPanaracer Category S2 700x23C/Panaracer3,240円
ホイール/リムテープShimanoハブ+ARAYAリム/Panaracer ポリライト630円
FDShimano 105車体に付属
RDShimano 105車体に付属
スプロケットShimano 6s車体に付属
クランクセットShimano 105 FC-1050 170mm BIOPACE 50-42T車体に付属
BBRPM BB-7420 68/113mm780円
チェーンShimano1,520円
ペダルMKS SYLVAN LITE手持ち
ブレーキShimano BR-10551,880円
ブレーキレバーShimano 105車体に付属
シフターShimano 105 SIS車体に付属
その他MINOURA ボトルケージ
ライト、ベル、反射板
手持ち+50円
  合計12,000円

乗った感想。これまでに乗ったどの自転車よりも硬い。とにかく硬い。乗り心地は良くない。タイヤのせいなのかフレームのせいなのか、あるいはその他なのかは不明。ただダンシングでたまにリアのブレーキシューがリムと擦れるので、フレームはガチガチというわけじゃなくそれなりに撓っているようだが(そういう問題じゃない?)。あと、パナソニックのキャスター角は例えばアンカーと比べると寝ている(と思う)けど、安定重視かと思いきや、かなりクイック。ハンドルに体重を掛けるような初心者的乗り方だと途端にふらついてしまう。かといって直進性が悪いわけではなく、手放し運転も全然問題ない。まあ結論として私なんかには良し悪しがまるでわかんないけど総合的にかなり好印象。

ちなみにフロントのBIOPACE(バイオペース)という特殊なチェーンリングだが、普通に走る分にはそれが特殊なチェーンリングであると感じることはなかった。Q-RINGSとか他のやつ(その設計思想は全く違うらしいけどまあ同じ楕円仲間として)と比べると楕円の度合いが軽微なせいだろうか。ただ、ビンディングなしで緩ーい坂を登ってたときに、なんかちょっとだけ違和感を感じた。タイヤが楕円になってて一回転ごとにぐわんぐわんしてるかのような感触。でも脚力的には漕ぎやすくも漕ぎにくくもなく、私レベルではよく分からなかった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。