スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【み】ペダル交換 PD-A520

街乗りSPDなら片面フラットだろ、ということでナディに導入していたPD-A530だが、しばらく乗ってるうちに、というか乗り始めてわりとすぐに、ビンディングを外して走るときもいちいちペダルを裏返してフラット側を拾うのが面倒で結局土踏まずとか踵でペダルを踏む、というかそもそもビンディングを外した状態で漕ぐことなんてほとんどないことに気付き、更には普通のシューズで乗ることも皆無に近いことに気付き、フラット面なんて不要、という結論に至って、ナディから三毛にバトンタッチしてすぐに購入。極めてロード用っぽいSPDペダル、PD-A520。

PD-A520とPD-A530 とりあえず比べてみた。思ったより大きさが違う。重さは見た目どおりに少し軽いらしい(量ってない)。軸中心からクリートを固定する金具までの距離はどちらも18mmでぴったり同じ。シビアな調整をする人もサドル高は変更しなくて大丈夫。Qファクターは…比べるの忘れた。

■使ってみて
PD-A520の裏側 530と比べて、キャッチが若干やりづらい。というのも、まだ新品だからかベアリングの動きがぬめーっとしてて、走り出したときペダルが同じ角度になってないせいかもしれない。裏面と表面の重量差も530より小さそうだし。そして、正しい面をキャッチしてクリートがはまってない状態と、裏面をキャッチしている状態とで、靴底に感じる感触にあまり差がないので、はたして面が逆なのか、単にクリートがはまってないだけなのか、瞬時に判断ができない。このへんは慣れれば分かるようになるのかもしれないが。そういうわけで、裏面は一瞬にして傷だらけに。

520は、クリートがはまった状態のときペダルのボディが靴底にしっかり触れる。530は、固定金具周辺しか触れない。これによって「面で踏む」感じが強くなるので、より安定して踏めるし、力が伝わりやすい…なんて話を聞いたけど、全然違いが分からない。ただね…。使い始めた当初、どうしても右足のクリートが嵌まらなかった。力いっぱい踏み込むとたまに嵌まるんだけど。スプリングテンションをどう調整してもダメ。これは不良品か何かか?と30分くらい悩んでようやく原因が判明。今使っているSPDシューズは、長年の(というほど長くはない)使用によってか、ネジの締めすぎか、右足のクリートがややシューズにめり込み気味になっていたためだった。530では何の問題もなかったが、520は、めり込み気味のクリートが金具まで届く前にペダルボディがソールに当たるため、ちゃんと固定できなかったらしい。クリートとシューズの間に0.3mmの真鍮板を挟んで締め直したら普通に使えるようになった。左足は問題なかった。…ソールからクリートまでの距離ってシューズによって違ってたりしないのかな?もし違ってたりすると嵌まりやすさに差が出そうだし、ソールが磨り減ってくると変わってくるだろうし。どうなんだ。

それはさておき、とりあえずコンパクトな外見と、美しいシルバーポリッシュの外見だけで、もう大満足。後継?のPD-A600は、色がアイスグレーになったのと形状が変わって若干軽くなったくらいで、機能面に大きな変更はなさそうだ。ポリッシュが好きな人は今のうちに買いだめしておくべし。

PD-A520
PD-A600
PD-A530

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。