スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレイラープーリーのはなし

だいぶ昔の話だけど、ナディのリアディレイラーのプーリーを交換した。といっても、性能を求めてのものじゃなくて、100%見た目だけのために。なんか社外品のプーリーが色々出てるのは知ってたけど、特に性能云々に興味がなかったもので、なんであんなものがン千円とかするんだろう?意味分からん、と首をかしげていた。けど、黒い樹脂プーリーは見た目つまらないので、アルミの肉抜きされたのとかはちょっとかっこいいなーとは思っていた。ていうか樹脂とアルミだったらそりゃアルミの方がいいっしょ、くらいの認識。そしたら、ふらっと訪れたお店で、ACORのを発見。肉抜きされてないもののアルミである。なんだ、2個セットで2,000円以下なんてのもあるじゃないか、ということで何も考えずに購入。

ACOR アルミプーリー 付けてみたけど、明るいシルバーのディレイラーにゴールドのプーリーは似合わなかった…。でもまあ黒よりマシかな、ということで使用開始。で、走ってみると、案の定走行性能の違いは全く分からなかった。そもそも性能を期待してなかったので別にそこはどうでもいい。けど、しばらく走ってたある日、なんかチャリチャリ音がするなぁということに気付いた。ディレイラーの調整など再チェックしたり調べたりしてるうちに、アルミプーリーはチェーンとこすれて音が出やすいなんて話を発見。まあ普通に考えればそうだよなぁ。

そして、更に調べるうちに、シマノの純正ガイドプーリーは左右に遊びがあるため変速性能が云々(ネットに散々出てるので略)…これはシマノの特許のため他社は真似できず、社外品は変速性能が落ちる、という話を知った。そういえば以前ディレイラーを分解清掃したときに初めて上下のプーリーが違うことに気付いて、どっちがどっちだか分からなくなって調べたことがあったなあ。それからだいぶ時が経って、リアディレイラーの調整にもそこそこ自信がついた頃、ACORプーリー付きのナディのディレイラー調整は他のに比べてシビアだ(わずかでも狂うと音鳴りがしやすい)と気付いた。やっぱり社外品はそのあたり純正品に劣るのか…。

で、アルミプーリーのチャラチャラ音(っていうほど大きくはなくてかすかな音なんだけどね。歯を削ったりすると解消するらしいがそこまでする気はない)がいい加減イヤになって、樹脂プーリーにしよう!と決め、社外品含め樹脂プーリーのことを改めて調べてみると、アッパー(ガイドプーリー)とロワー(テンションプーリー)とが区別されているものがあるではないか。

BBBプーリー & アルテグラ(RD-6500)プーリー 比べてみた。上段はBBBのプーリー、下段はシマノ(アルテグラ、RD-6500)についてたプーリー。アルテグラのは、テンション側がベアリング入り、ガイド側はセラミックブッシュ入りで例の左右に遊びがある構造。BBBは、どちらもベアリング入り。「UPPER」「LOWER」と文字が入っているが、一見何が違うか分からない。はて…?と思って歯の厚さを見たら、違いがありました。写真では超絶分かりにくいけど、ガイド側の方が歯が薄くなってます。対してシマノは上下とも同じ厚さ。ということは、シマノはチェーンの動きに沿ってガイドプーリー自体が左右に動くのに対し、BBBはプーリー自体は固定だけど歯の上でチェーンが左右に動けるようになっているのだ。それって…結局のところ同じことなのでは?

他にも歯の形状とか(上の画像でもシマノとBBBでは形状が違うのが分かる。シマノはガイドとテンションでも違う)、各社いろいろな技術を盛り込んでいたりいなかったりするのだろうけど、ことガイドプーリーが担当する範囲での変速性能に関して、シマノが良くて社外は全部劣る、という考え方は違うのではないかと。いやまあ実際のところ私ごときが気にする話ではないのでどちらでもいいのだけど。とりあえずせっかくなので、今後は社外品であってもガイドプーリーとテンションプーリーの区別がちゃんとされているものを使う方向で行こうかと。

関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。