スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス欠@都心

自動車乗りとして最も恥ずかしいことのひとつをやってしまった。ガス欠。しかもガソリンスタンドのない山奥とかじゃなく、普通に都心部で。

いつも給油ランプが点いて(説明書には残り5リットルで点くと記載されているが残り10リットルで点いているようだ)しばらく走ってからわりとギリギリに入れるのだが、さすがにチキンレースをしていたわけではない。この日も残りわずかになっていたので、真っ先に給油してから取引先に行こうと思っていたのに、考え事してるうちに忘れてて、そのまま取引先に行ってしまった。で、着いてから思い出し、やべーすぐそこのガソリンスタンドで給油しよう、と思っていたのに、取引先であたふたしてるうちにまた完全に失念して、ガソリンスタンドをスルーしてしまった。で、そこから数km。渋滞気味でトロトロ走ってたときに、突然ガコガコっと振動を発して加速しなくなり、そのまま沈黙。

とりあえずハザードつけて、ニュートラルでサイドブレーキ落として、人力で押して路肩いっぱいに寄せた。こういうときマニュアルは便利。いやオートマでもニュートラルに入れればいいのか。ちなみにプントには「ブレーキとクラッチを踏んでいないとセルが回らない機構」が付いていないので、エンジン掛からなくてもギアを入れてクラッチつないでセルを回せば微妙に動かすことができる。

で、普通に都心なのに、ちょうど近くにガソリンスタンドがない。さっきスルーしたところが最寄りだろうが、それでも徒歩1時間以上は離れている。車を置き去りにするわけにはいかんので、任意保険に付属のロードサービスでガソリン持ってきてもらった。ところがそれも、諸々の事情ですごく時間が掛かり、都合1時間以上待ったかな。元々渋滞気味の道とはいえそこを通る車に多大な迷惑を掛けつつ、長時間路肩に居座ることになってしまった。皆様ごめんなさい。でも三角の反射板置いてるのにクラクション鳴らすアホは逆に謝れ。

というわけで皆様給油は早めにしましょう。そんな私は、タンク容量47L(カタログ値)のプントに、「50.47L」を給油した記録を持っています(普通に自走でガソリンスタンドに行って給油したときの記録だよ)。挑戦者求む。樹脂製のガソリンタンクは熱で膨張するので、夏場の方が容量はたくさん入るらしい。ただ、ガソリン自体も気温によって密度が変わるので、以下略。

関連記事

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。