スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーク折れた 3回目

正確にはスポークではなくニップルが折れた。

紺くんで、とある棒状というか板状のものを運搬していたとき。カバンに差してあったそれがふいにポロっと落ちて、回転している後輪に見事に吸い込まれた。パキャッ!という音とともにとある棒状のものが大破して吹っ飛んだ。急停止してとある棒状のものを回収し、チャリは大丈夫かと様子を見ると。

後輪が回転するたびにカランカランという音がする。よく見ると、ニップルが1箇所ポッキリ折れてスポークがぷらんぷらんで、その隣もスポークがひん曲がっていた。重症である。でもとりあえず急いで帰らねばならぬ。幸い自宅からは2kmかそこらの場所。

ミニベロって車輪が小さいから、ロードと比べるとスポーク折れてもリムの振れがそれほど出ないのね。Vブレーキ解除しなくてもそのまま走れた。リムがセミディープっぽい感じなのも関係あるのだろうか。

さて、明日にももしかしたら自転車必要かもしれないし、行動は早い方が良い。まずは、GIANTのお店に電話して、IDIOM 1・2の純正スポーク長を聞く。「何年式ですか?分からない?じゃあフレームカラーは?」…ホイールだけ外して他車種に流用していますとは言いづらい…。でもまあちゃんと調べてくれて、フリー側193mm、反フリー側184mmと判明。フリー側だけタンジェントなのでフリー側の方が長い。ちなみに太さは14番。

で、次に、ミニベロの部品を在庫してそうで、個人的に信頼していて、遅くまで営業している店…和田サイクルに電話。在庫を確認。…つーか、14番スポークならどこの自転車屋でも置いてるし、長さなんて切ればいいだけだから、わざわざ和田サイクルである必要もないのだが、まあそれはそれってことで、買いに行ってみた。

ステンレスの普通のシルバーのスポークであれば、184mmは既製品で在庫あり。193mmはなくて194mmなら既製品であったけど、1mmくらい大丈夫だよーとのことなので、194mmを買って帰った。ちなみにIDIOMの純正スポークは黒塗り。黒いスポークも切れば用意できるとのことだったけど、まあ色なんて気にしないから(正確には、自分で直したところだけシルバーってのもおもしろいかもと思ったので)シルバーを購入。ニップル付きで1本50円。

さて、当日は力尽きてとても修理に掛かれなかったので、翌日、外出の前にサクッと直してしまおうと、作業開始。まず、リム内部でカランカランいってるニップルの破片を取り除くべく、タイヤを外し(実際には完全に外す必要はないが)、リムテープをずらし(粘着タイプじゃなくてよかった)、破片を取り出し。次に、曲がってしまったスポークを外す…のだが、これがスプロケットを外さないと抜けない位置だったりする。ああめんどくさい。でもスプロケット抜き工具持っててよかった…。

外したスポークの曲がりを微妙に直し(実は再利用できる気もする)、購入した新しいスポークと長さを比較。純正より長い194mmを買ったフリー側は、比べると0.5mmくらいしか変わらない。逆に、純正と同じ長さを買った反フリー側は、0.5mmくらい短い。まあどっちも問題ないでしょう。というか、ディープリムだと内部にすげー余裕があるので、ねじ山が切ってありさえすれば多少長すぎるスポークでも問題ないと思われます。

で、新しいスポークをハブに通し(タンジェント組みで一部だけスポークを交換するときって、元の位置に通すのにどうしてもスポーク少し曲げないといけないのだが…通し終えたらまっすぐに戻すし、テンション掛かれば当然まっすぐに引っ張られるから大丈夫かなあ)、ニップルにセラミックグリスを塗って締め(グリスを塗ると緩みやすくなるという人がいるけど、素人の誤った思い込みです。実際には摩擦係数が一定になるので緩みにくくなります。と、素人が知ったかぶりをしてみた)、ある程度テンションを掛ける。そしたらスプロケを戻してリムテープを戻してタイヤを戻してある程度空気を入れ、振れ取り台…は持ってないのでフレームに取り付けて、なにか目印になるもの(ブレーキシューとか)を利用して振れ取り。

振れ取り…これが大変だった。ナディでスポーク交換をしたときは、わりとすんなり元通りになったのだが、今回は縦振れ横振れ縦横無尽に発生して、道具もなければノウハウもないので、なかなか満足のいく状態にならず、気付けば2時間くらい掛かってしまったっぽい。でもまあ最終的にはブレーキの利きにムラがない状態にはなった(このホイールは中古で入手してから一度もメンテしてなかったから、最初から微妙な振れがあったといえばあったので、むしろ確実に良くなった)。リムのセンターは微妙にずれてるだろうけど、それはまあいつの日かプロショップで直してもらおう。それにしても、反フリー側のスポークテンションって本当にボヨンボヨンなのね。フリー側はキンキンなのに。ミニベロだとその傾向が強く出るのだろうか。

スポーク折れ スポーク折れ直し後

関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。