スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撫】バーテープ交換 BAZOOKA再び

購入して随分放置してた新しいバーテープをいい加減巻いてみた。SILVAの表面ザラザラのやつは、可もなく不可もなくという感じだったしまだまだ使える状態だったが、気が向いたときにやらないと永久に放置しそうなので。SILVAは強いて言うなら、汚れたらどうやっても清掃できそうにないのが問題か(できたとしても清掃なんてしないが)。

なんか巻き方が変 以前使って、その厚さと手触りと価格の安さが気に入っていたバズーカの特厚バーテープ再び。今回はブラケット下に先に巻いておく短いテープを使わない方式でやってみた。今までの自分の巻き方が絶対的に間違っているに違いないと確信して、これが正解に違いない…のか?と半信半疑でやってみたが、これ、絶対に変だぞ。ありえん。間隔どころか角度までぐだぐだだし。気持ち悪すぎる。出かける前にサクッと巻いちゃおうと思って慌ててやったにしても、ちょっとひどすぎでしょ。テンションが弱すぎたみたいで触った感じもブヨブヨだし、縁がめくれやすそうだし。

一度ほどいて巻きなおしたバーテープ というわけで、今すぐにでも新しいバーテープを買って巻き直したい衝動に駆られたが、安くても1,000円はするんだ、粗末に扱えん、ということで、一度巻いたのを後日引っぺがして巻き直してみた。ブラケット周りとかで引っ張った部分が伸びてヨレヨレになってるかと思いきや、しっかりテンションを掛けたら、案外普通に再使用できた。同じように巻いたのに30cmくらい余った…。どんだけ緩く巻いてあったのかと。とりあえず今の私にはこれが限界、というレベルまでは頑張った。でもまだ全方位的に見ると間隔が不均一だったり角度が変だったりする。まじ難しい…。斜めに引っ張るといくらでも斜めに伸びてくれるこういう素材のバーテープって、適当に巻いてもそれなりになるけど、本当に綺麗に巻こうと思うと却って難しいのではと感じた。あまり伸びない素材のバーテープの場合は、斜めに伸ばそうとすると片側にシワが寄ったりするから、その分自動的にまっすぐ巻かざるを得なくなるからね。

エンドテープなしで固定 巻き直し前の写真だけど。終点部分はエンドテープを使わなかった。このコルクっぽい素材のバーテープは瞬間接着剤との相性がすこぶる良いので、終わりの部分にちょんと垂らしてくっつければ、もう絶対に緩まない。…はず。この方がスッキリして良いんじゃないかと思うけどどうでしょう。

関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。