スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撫】再・スプロケット交換 14-25T―いわゆるジュニアスプロケ導入

非常に快適に使っていた13-25Tのスプロケだが、持ち前の貧脚さが本性をあらわしてくると、平地で17Tがなんだか重く感じるようになってきた。かといって1段落として19Tにすると、今度はどうにも軽すぎる。やはり私には18Tが必要だったんだ。

14-25Tスプロケット… というわけで、当初から最適なのではと思っていた14-25Tを今更のように導入。予算の関係でグレードにはこだわることができず、ティアグラグレードとなりました。なんでジュニアスプロケと呼ばれるのかはコミック「のりりん」でなんとなく知った。トップギアに肉抜き穴がある(くらい巨大である)あたりが全身で貧脚を主張しているようでちょっとあれだが、自転車乗りモドキのくせにコンパクトではなくノーマルクランク使ってるのだから許してもらいたい。

トップが14Tだと下り坂で回り切っちゃう可能性が否めないので、本当はトップだけ下り坂保険に13Tを入れて、13-15-16-17-18-19-21-23-25、というふうにしたかったのだが、手持ちの13Tとジュニアスプロケの15Tは、どうやっても変速ポイントが合ってくれそうになかったので諦めた。10速化すれば一瞬で解決することなのだが。

そういえばジュニアスプロケはフレームと干渉する場合があるんだって?そんな話知らずに組んでいたが、クリアランスありまくりのシクロクロスなので干渉なんてするわけがないわな。

■使ってみて
さて、走り出した瞬間にびっくり。もうこれ、CVTの領域でしょ。すばらしいの一言に尽きる。ケイデンスを維持したまま状況に合わせて変速できるから、19Tからの17Tと比べ、18Tからの17Tは遥かに軽く感じる。つられて平均速度もアップしてしまうのではないだろうか。そしてバテるというパターン。

坂道で自分的に本気出しても(怖いのでそんなにスピード出せないが)14Tで大丈夫なのかまだ確認していない。むしろ、(上り坂を極力避けて通るひ弱な私には)普段上りうるようなちょっとした坂なら39×21Tくらいで十分な気がするので、25Tは捨てて、13-23Tにする方がいいのかもしれない。いや、変速ポイントが合うならローを23Tじゃなくて24Tにするとか…?色々妄想は膨らむが、検証する前に膝を故障orz。大事になる前にしばし休もう。

関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。