スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトリボンタイヤ4.1 ― PIRELLI SL26 導入

ホワイトリボンタイヤ4でBSのタイヤを再化粧すると同時に、新品のミシュランS1を同じく白リボン化したのだが、このミシュランのリボンがわりと失敗気味で(実は最初に作業したのがコレ、BSはセカンドトライ)、やっぱり気になってしまったので、やり直すことに。

失敗内容などはまたの機会に。新品のS1をホワイトリボン化してリアに、リアに履いてたBSを再度ホワイトリボン化してフロントに、フロントに履いてたS1をスペアに、そしてスペアにしてたのを廃棄、という作戦だったが、スペアに回すつもりのタイヤがあまりに古すぎてひび割れが出てたので、この際もう1本買うことに。

ホワイトリボン化4.1 購入したのはピレリのSL26(画像右)。某人にピレリはダメだと散々言われていたのだが、たまたま安かったので、どのくらいダメなのか実際に使ってみようかと。これをリアに履いて、ミシュランはスペアに回してる間にホワイトリボンをやり直す算段。ほぼ新品でスペアなんてもったいない…。サイズは同じ90/90-10だが、ミシュランのS1(画像左)と比べると、トレッド面のラウンド具合が全然違うためにサイドウォールの面積も当然違っていて、ショルダーを基準に同じくらいの太さのリボンを入れると、こんなにもリボンの径が変わってしまう。ミシュランはリボン外径345mmくらい。ピレリは364mm、BSは357mmとかだったかな。

ミシュランS1とピレリSL26の比較 というわけで、ピレリはエラが張っているために太く見える。ということだが、ホイールに装着した状態で実際に幅を測ってみると、ミシュランもBSも91mm弱。ピレリは93mm弱あった。ピレリは本当に幅が広いんだ。90/90-10に限っての話だけど。

あと、事前に調査した限りでは、SL26はフロントに履くかリアに履くかで回転方向の指定が逆であるという話だったが、届いたタイヤを見てみると、回転方向の指定矢印は一箇所一方向のみで、フロントとリアとで逆にするという記載はなかった。仕様変更したのだろうか。このピレリが偽物なのだろうか。そもそもSL26は並行輸入っぽいので情報がない。

あと気になったのは、ピレリはサイドウォールのデザイン(フォントとか)が、ものすごーくあっさりしていて、なんか安っぽいんだな。同じピレリでも4輪用のP ZERO NEROは、アウト側はフォントとか凝ってて、イン側はあっさりしていて、温度差がすごい(イン/アウトの指定があるから、イン側は装着してしまえば見えなくなる)。2輪は両面とも見えるんだから、もうちょっと凝っててもいいんじゃないかと思うのだけど…。でも変に凹凸とかないから、ホワイトリボンとかの加工はやりやすい。

とりあえず、つづく。かも。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。