スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・初パンク

梅雨が本格化する前にちょっと走ろうと思ってナディを駆っていたら…。

パシュン!!プシー……

いきなり後輪がパンクした。路肩を走っていたら何か踏んじゃったらしい。ちゃんと現場検証をしたわけではないが、現場付近に車のサイドミラーの破片のようなものが落ちていたから、それを踏んだかもしれない。ナディでの走行5,000km(推定)にして初めての、お外でのパンクである。不覚…。「外でパンクしたことがない」のだけが自慢だったのになぁ(走ってないときにパンクしたことは二度ある。一度は、エアバルブのナットを強く締めすぎていたらしく、バルブ付け根のゴムに穴があいてパンクした。一度は、原因不明だけど翌朝になったら空気抜けてた)。

タイヤキズパンク で、歩道に上がってチェックしてみると。なんだコレ。タイヤが切れちゃってるじゃないか。トレッド面からサイドに至るまでスパッと切り傷になっていて、サイドの黄色い部分はキズが完全にカーカスまで達して「穴」になってた。予備のチューブは常備してるが、これじゃあチューブ交換したところで根本解決にならないぞ…。

自宅から徒歩4時間くらいの地点なので、押して帰るわけにはいくまい。だがしかし幸いなことに、数キロ行けば大手自転車専門店「○'s Road」がある(道すがらちょっと寄ろうかとも考えていた)。とりあえずそこまでたどり着ければどうにかなるに違いない。せっかく予備チューブ持ってるので、応急的に走れるようにならないか、試しに交換してみることに。

外でタイヤ外すときに問題となるのが、チャリをどこに置くかということ。タイヤを外した状態で地面に置くと、フロントの場合フォークの先端にキズが入るし、リアに至ってはディレイラーがあるので置きようがない。となると、逆さまに置くか寝かせるかになるが、現場は車道と歩道の間に2m幅くらいの広~い植え込みがあったので、その上に乗っけてみた。アスファルトに直置きするより遥かにキズがつきにくいし、高さ的に作業台にもなるし、歩行者の邪魔になりにくいし、これ結構便利かも。

というわけで、手馴れてない感じでチューブをヨロッと交換して(新しいチューブをセットする前に、タイヤ内側に異物が残っていないかちゃんと調べましょう。でないと創作じいさんに「0点」と言われてしまうよ)、購入から1年以上経ってるが今回初めて使う携帯ポンプで空気を入れてみる。ある程度空気が入ると、タイヤの裂け目が膨らんでくる。圧を掛けすぎると、ここから焼き餅みたいにチューブがプクーっと出てきてしまうことだろう。そうならないよう緩めに空気を入れて、完了。いつも思うのだけど、バルブの口にギュッと押し込むタイプの空気入れって、抜く時に必ず不意にスポンと抜けてハブやらスポークやらスプロケやらに手をぶつけて怪我するんだよね。今回も案の定親指を負傷。私には学習能力がないのか。

で、いざ乗ってみると。普通に体重を掛けると、タイヤがほとんどペチャンコになっちゃうくらいしか空気入ってねえ!これはひどい。でもまあ、かろうじてリム打ちはしないみたいだから、極力ハンドルに体重を預けるようにして、ゆーっくり、恐る恐る進む。ほんの数キロだったが、無事○'sに到着した。疲れた。

当初はタイヤに使える修理パッチを買おうと思っていたのだけど、5枚入りで1,000円弱もする!高い!ということで却下(後で店員さんに見せたら、ここまで切れちゃったら修理は厳しい言われた)。仕方がないのでタイヤ本体を買うことに。前後で銘柄や色が違うというのもいいかなと思ったけど、全く同じ「リチオン.2の黄色」の在庫があったし、店内の黄色いタイヤの中ではリチオン.2が一番安いということが発覚したので、まいっかという感じで全く同じリチオン.2の黄色と、シュワルベのチューブを購入。チューブはシュワルベが一番、と思っているのは私だけか。店内にて、久々のタイヤ交換と、本日2度目のチューブ交換。ここまでの数キロだけ使った予備チューブは再び予備チューブとして収納。

要領が悪いのはどうしようもないので、慎重すぎるほど慎重に、ゆっくり作業を進めてタイヤ交換を終了し、ついでにリムの微妙~な振れを取っていたら、すぐ近くで別のお客さんが、同じように今購入したタイヤをその場で装着し始めた。自分で作業できるってのはいいよね。ここは混雑時でなければ作業スペースも十分にあるし、空気入れも借りられる。で、とりあえず応急の振れ取りを終えて、店を出ようとしたそのとき。背後から「パァン!!」というものすごい音が。どうやら、近くでタイヤ交換していた別のお客さんが(おそらくチューブをリムとビードに挟み込んだまま空気を入れて)チューブを破裂させたらしい。あーびっくりした。軽く空気を入れたら、リムとビードの間にチューブが挟まっていないか、ぐるっと一周確認しましょう、という、タイヤ交換の手順解説には必ず書かれている注意書きを忠実に守ってきた私だが、実際チェックしてチューブが挟まっていたことは一度もないので、実は必要ないんじゃ…と思い始めていたのだが。やっぱりチェックは必要なのね。改めて実感させてくれたこのお客さんに感謝。

というわけで、初めてとしてはヘビーすぎた気がする出先でのパンク体験でした。予備チューブだけじゃなく、タイヤを損傷したときのための応急修理アイテムも持っておくべきだろうか。例えば今回のようなちょっとしたタイヤの穴なら、タイヤ内側からガムテープか何か貼るだけでも家に帰るくらいはできた気がする。

あとパンクとは関係ないけど、今回購入したリチオン.2、これまでに手にした3本(当初購入した2本と、うち1本が不良品だったため交換品として来た1本)の記憶と比べて、ビードをはめるのが遥かにきつかった。同じモデルでも個体差(ロット差?)はあるもんなんだな。

関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

エンジェルアイ

はじめまして(^-^)
プント2に乗っているのですが、エンジェルアイの入手方法がわからずに、こまりはてています…
どうしたら手に入りますか?
教えてくださいm(_ _)m

Re: エンジェルアイ

チャックさま>
コメントありがとうございます。
プント2のエンジェルアイはなぜか国内では探しても見つからないんですよね…。私は結果的に個人輸入しましたが、SONARというメーカーの製品を扱っている国内のショップであれば、時間は掛かっても取り寄せてもらえるみたいですよ。今なら円高なので個人輸入してもいいと思いますが、少し待ってでも国内の販売店を介して買った方が何かと安心ですし、結果的に安く買えるっぽいです。
もし国内で手に入らない場合は輸入代行もしますので…その際はお知らせくださいm(。。)m。

エンジェルアイ

返事頂きありがとうございます。
少し頑張ってみます(^-^)

エンジェルアイ

度々すみませんm(_ _)m
ちなみにエンジェルアイはいくら位するのですか?

チャックさま>
お返事がすっかり遅くなってすみません…。国内だと25kくらいらしいです。海外だと15kくらいですが、単体で輸入するとお店によって送料が20k以上掛かったりするので、トータルで35k前後は掛かりますね。何かのついでであればいいんですが。時間が掛かっても国内で入れてくれるショップを探すのが、結果的には安く抑えられそうです。
ちなみに以前私が購入したお店ではもう置いてないみたいです…。
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。