スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味にLED化(リア編)

ハイマウントストップとナンバー灯をLED化 どうでもいい灯火をLED化しました。といってもこの画像では分かるわけがない。

まずハイマウントストップランプ。こんなんに5Wのウェッジ球が5個も使われているのが無駄に思えてならなかったので、FLUX×5連の安いバルブにしてみた。ケースのバルブを通す穴が小さすぎて(ふつうのウェッジ球でギリギリ)微妙に入らなかったので、ケースを少し削った(画像なし)。明るさは狙い通り5W球と同じくらいだった(若干暗いかもしれない)。それより何より、ふつうT10ウェッジのソケットって、
 +  -
┌━──━┐
└━──━┘
 +  -
という構造だよね。んで、バルブの端子が、
 +          +
┌━───┐  ┌───━┐
└───━┘  └━───┘
    -    -
みたいになってる(Aタイプ)という。ところが、一部のLEDバルブは、
 +  -
┌━──━┐
└━──━┘
 +  -
になってて(Bタイプ)、なおかつ、プントのハイマウントのソケットは、
 +  +
┌━──━┐
└━──━┘
 -  -
になっていた。これにBタイプの端子構造のバルブを挿したらショートするのは当然だよね。なのに、究極的に頭の悪い私は、それに気付かずにヒューズを2回も飛ばしてしまったという。予備持ってたから良かったものの。

ヒューズが飛んだ状態だと、運転席にいる分には警告灯が点くわけでもなく何も変化がないのに、ストップ球関連が全部点かなくなるんだよね。これって走行中に知らずにヒューズ飛んだら追突される運命にあるってことでは。

次にナンバー灯。悪いことするつもりはないが、ナンバープレートを必要以上に明るく照らして後続車に自分のナンバーをアピールする気は毛頭ないので、できれば保安基準的に問題のない範囲で暗くしたかった。ので、SMD1灯のにしてみたが、それでも明るすぎたので、レンズ部分に細工をして(画像なし)、配光を分散させつつ全体としては若干暗くなるようにしている。でもまだ明るいな。それこそFLUX単発とかで十分だったか。

なんでもいいけど、ナンバー灯外してみたら、レンズの内部で反射板の一部が熱で変形してブクブクでグズグズになってた…。なんなのコレ?焦げてたラゲッジ灯といい、こんな設計でいいの?こういうことがあるから、発熱の少ないLEDにしたいなと思うわけです。

テールとブレーキはLED化の予定なし。警告灯のこととか色々考えるとLED化のメリットを見出せないので。ただ、10W球がついてるテールに関しては熱問題が気掛かりなので、ちょっと細工を検討中。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。