スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プント用17インチタイヤ選び

プントHGTには15インチタイヤがベスト。これは間違いない。でも見た目だけのために16インチを履いている。そして、何を間違ったのか17インチホイールを手に入れてしまったので、どうにかして使おうかと思い、タイヤ選びに思いを巡らせてみる。

インチアップの基本は、タイヤ外径を大きく変えないこと(世の中には、平成18年以降製作の車両には標準タイヤより1mmでも外径の大きいタイヤを履いちゃダメなんて考えている人もいるが、さすがにそこまで世知辛くはない。ユーザー車検受けてみればよく分かる。平成17年以前のプントならなおさら)。そして、ロードインデックス(LI)を不足させないこと。前者は、仮に大きく変わっても、最低地上高とタイヤハウス内のクリアランスさえ確保できてれば、メーター誤差は現実的にはどうにかできる問題だ。が、後者は、標準より数字が大きくなる分には全く問題ないが、少しでも不足すると即安全性に関わる。それほど重要なものなのに、自分も含めよく知らない人が多くて驚く。だからこうして調べているわけで。

そもそも、タイヤ屋さんやガソリンスタンドの店員さんが分かってない。扁平タイヤは空気圧を高めにする?いやいや、指定空気圧はLIが同じなら扁平率の影響は受けません。ディーラーで整備してもらったら空気圧が300kPaオーバーになってた?…まあ、空気圧は低すぎるより高すぎる方が(どちらかといえば)致命的な問題は起きにくいし、自分では月1回の空気圧チェックすらしないような大多数の一般ユーザーのこと考えたら、高めに入れておいてあげるのは親切心および面倒事を回避するための知恵かもしれないが。

というわけで、改めてプントの標準タイヤサイズを見てみると…

1.2-16V ELX1.8-16V HGT
ホイールサイズ5.5J×14インチ-356J×15インチ-37
標準タイヤ165/70R14 81T185/55R15 81V
冬タイヤ165/70R14 81Q M+S185/55R15 81Q M+S

指定空気圧は…
単位:bar(kg/cm2)1.2-16V ELX1.8-16V HGT
軽積載時フロント2.02.4
リア1.92.1
5人乗車+
積載時
フロント2.22.4
リア2.12.3
※冬タイヤの場合は、上記よりそれぞれ0.2高くする

LIは基本的にはタイヤサイズ毎に決まるようだが、メーカー/モデルによって多少違いがあって、185/55R15タイヤには、LIが「81」のものと「82」のものが存在する。理由は知らない。でも、とりあえずプントの場合は「81」ということのようだ。で、ここに例えばLIが「80」のタイヤ(195/45R16とか)を履こうと思った場合、LIが「1」足りなくなる。負荷能力的には12kgに相当する。その差を大きいと見るか小さいと見るかはともかく、その場合は、空気圧を指定より0.1上げることで、必要な負荷能力を得ることができるという。じゃあ、LIが極端に不足した場合は空気圧を極端に上げればいいかというと、そうではなく、通常のタイヤが最大負荷能力を発揮する空気圧は2.4(一部サイズは2.5)なので、それ以上上げても無意味どころか、あまりに高い空気圧はタイヤを内側から破壊しかねない。

で、もういちど上の表。HGTのフロントタイヤの指定空気圧は、アホみたいに重い1.8Lエンジンを支えるためか、2.4とされている。MAXである。と、いうことは。HGTに限って言えば、LIが標準より「1」でも足りないタイヤを履いてしまうと、空気圧を高くすることでカバーするという技が使えないということだ。195/45R16も80なのでダメ。履くならエクストラロード(XL)仕様でないといけない。

…ん、上表の「冬タイヤの場合は0.2高く」というのは、HGTのフロントタイヤ的立場からはどう解釈すればいいのだろうか。…2.6にするの?そもそもウィンタータイヤの場合は空気圧を高くするという根拠は何なんだ。これ、プントの取扱説明書に実際に書いてある文言ですが。

17インチの場合はどうか。外径的に履けるのは、195/40R17(588mm)か205/40R17(596mm)。前にも書いたけど、500アバルトの純正OPが205/40なので、順当に選べば205/40だと思う。そもそも195/40は超マイナーサイズなので、205/40の方が選択肢も圧倒的に多いし。LIは、標準だと80なので不可。XLだと84なのでOK。HGTの場合、空気圧は2.65くらいとなる。はい、解決。

…なのだが、195/55R15(外径596mm)を履いたらタイヤハウス内でわりと干渉したという経験から、プントに205/40は危険な気がする(特にワイドトレッドスペーサーなんぞ使う場合には)。外径が標準タイヤ(585mm)に近い195/40の方が、クリアランスの点では安心だろう。LIは?…XL仕様で81(マイナーサイズ故に、195/40R17のXL じゃないのが見つけられなかった)。おお、ぴったり足りてるじゃないか。XLだからHGTの場合で空気圧を2.9にすればいいわけだ。

というわけで、プントHGTに17インチを履くなら、195/40R17(XL)サイズに決定。超マイナーサイズだが、トゥインゴのルノー・スポールには標準装備されているようだ。超マイナーということでいえば、215/35R17という選択肢も。リアは195/40でフロントを215/35というのもいいかもしれない(個人的な考えとして、FF車で前後異サイズを履くなら、当然リアよりフロントを太くしたい。けど、フロントの方が外径が大きいという状況はなんとなく避けたい)。582mmと588mm…このくらいならTCS誤作動とかはさすがにないだろう。まあ、プントにそんな太いタイヤは要らないだろうが。195でも太い気がする。

以上、もしも取扱説明書の数字を盲目的に守るとしたら、の話でした。実際のところはもう少し柔軟に物事を判断したい。

--
表以降の空気圧の単位は、プントの取扱説明書にならって「bar(kg/cm2)」としました(barとkg/cm2は微妙にイコールじゃないのだが、そう記載されていたので、まあ気にしなくていいのだろう)。が、最近はkPaの方が一般的。換算は、単純に1.0bar=100kPaでよい。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。