スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルブ交換 ― Custom Queen ウルトラハロゲンバルブ 5600K

前照灯の類を5000ケルビンを謳う変なバルブにしてみたらノーマルバルブと比べてあまりに暗くなりすぎたので、ロービームだけはノーマルに戻していたのだが、懲りずに別のバルブを購入してみた。別に「やたら白い」バルブに強いこだわりがあるわけではないが、見た目の点では、エンジェルアイの白さとハロゲンバルブの白くなさとの差がありすぎること。実用性の点では、晴天夜間田舎道走行に限って言えば白い光の方が個人的には見やすいこと。という理由(言い訳)から、再び「白い」バルブに挑戦してみるのです。

ウルトラハロゲンバルブ 5600K カスタムクイーンウルトラハロゲンバルブ。5600ケルビン。ここまで白い色温度を謳っているハロゲンバルブは探してもなかなかない。なのに激安。1.5kくらいで売ってる。怪しすぎる。更には、届いてみるとパッケージが異様に安っぽい。生産国は中国。この時点では懐疑的にならざるを得ない。そもそも光を白くするためにガラスを青くコーティングしているバルブなんてのは信用してはいけないのだが。ちなみに画像に写っているパッケージの中身は前に使ってた5000Kの方。5600Kのものもガラスの青さはほとんど同じだった。

5600Kを謳うヘッドライトバルブ 一応点灯時の写真を撮ってみたが、そもそもケータイ画質では何が何だかさっぱり分からない。それ以前にプロジェクタータイプのライトは外から見たとき角度によって色が違って見えるらしいので、5600ケルビンという表示が妥当なのかどうかは全く分からない。ただ、5000ケルビンを謳うものと比べると若干白に近いようだ。それでもエンジェルアイの白さとは歴然の差がある。つーかエンジェルアイが青白すぎるんだよな。

で、街灯の少ない道を走ってみたら。なんと、期待以上に明るい。広範囲を綺麗に白く照らしてくれる。購入価格の安さを考えたら大満足じゃないかこれ。これなら高価なHIDなんて全く必要ないな。あとは寿命と個体差がどうかだけど、そればっかりは長期間使ってみないことには/何個も買ってみないことには、分からない。

改めて観察してみると、白い光のバルブは、純正色のと比べると全体的には確かに暗い。けど、純正色は、特定のものが明るく浮かび上がって見える感じで、白い光は、まんべんなく全体が照らされる感じがする。物の色も分かりやすい。だから、「白い光の方が見やすい」と感じたんだな。きっと人によって感じ方が全然違うのだろう。自分はこれでいいや。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。