スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味にLED化(室内編)

というわけで、「マップライトをもう少し暗くしたい」「ラゲッジライトをもう少し明るくしたい」というねじれた欲求を満たすため、流行りのLED化に足を踏み込んでしまうことに。ただ、そんなことに予算を割きたくないので、ネットで素性の怪しい激安品を購入。

トランクライトをLEDに まずラゲッジ。標準は普通に5WのT10ウェッジバルブだが…バルブが収まる空間が狭くて樹脂が焦げてますがな。長時間リアゲートを開けてはいけないとかいう説明は聞いてないぞ。いいのかよこんな設計で…。で、きちっとサイズを測らず目測でSMD15連というやつが入るだろうと買ってみたら、2ミリほど全長が長すぎてケース内に収まりません…。仕方なくソケット部分を削って無理矢理押し込んだ。でも裏側とか先端についてる発光部分は相当無意味だなこれじゃ。

トランクライトLED化でさも非常に明るくなったかのように見せるインチキ写真 で、いきなり装着前後の比較写真。わー、さすがに超明るい!…かのように見えるように露出をいじってみただけです。実際はそこまでの差は感じません。ただ、夜暗いところでラゲッジを開けてみると、確かに明るくはなったようだ。焦げてたプラスチックのカバーにアルミホイルを貼って反射板代わりにしたのも奏功して…るかどうかは分からんが、広範囲を照らしてくれるし、色も不自然すぎない白さだし、荷物の整理とかするのはやりやすくなった。これはまあまあ満足。

マップライトに1WのLED&アルミの追加反射板 次はマップライト。暗くしたいのだから、LED1灯のやつで十分だろうと思ってFLUX×1のを買ったら、唖然とするほど暗かった…。それはもうお話にならないレベルだったので、仕方なく写真にあるハイパワー(1W)超拡散というやつを再度購入。ただ、「超拡散」と謳っていても所詮はLED、横方向への配光が不十分と感じたので、ライティングアーティスト(違うだろ)の意地で、アルミ板を加工して画像のような反射板モドキをわざわざ追加作成(このライトユニットはフタ部のクレーター状の部分以外は特に反射板的な構造になっていない)、これをLEDを囲むように配置することで、どうにかこうにかバランスの良い配光を得ることができた…ような気がする。けど点灯時の画像がないという。

マップライトは元々が10Wで、LEDは1Wというやつを使ったが、明るさは10Wバルブの方がはっきりと明るい。元々「暗くすること」が目的だったので、ちょうどいい感じにはなった。発光部自体が直接下を向いていない間接光なので、ムラなく広範囲を柔らかく照らしてくれて、なかなかよい(個人的には、LEDを直接下向きにいくつも並べて付けるのが理解できない。安直というか短絡的というか…)。色合いは…ちょっと冷ややかな白で、夏はいいかもしれないけど冬はもうちょっとあたたかみのある色が欲しいかもしれない。それを理由にルームライトをLED化しない人もいるくらいなので。まあ、どうしても嫌だったらフィルタでも使って色を変えれば。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。