スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエッタ

アルファロメオの中核を担う重要な新型車、ジュリエッタに試乗してみた。とりあえず雑誌等で記事を見る限り、今この瞬間新車を買わなければならなくなったらコレだな、と思ったクルマ。そんな瞬間は永遠に来ないのだが。

試乗車が用意されていたのは「Sprint」と「Competizione」の2グレード。どちらもエンジンは同じで装備がだいぶ違うようだが、シート、ホイールサイズ、サスペンションセッティングあたりが違うとのことなので、もし二択だったら自分が選びたいに違いない、より硬い方の「Competizione」を選択。ミッションはアルファTCT。いわゆるツインクラッチの2ペダルAT。

まず乗り込んだ瞬間に、「え、これでエンジン掛かってるの!?」というほどの静かさ&振動のなさに驚愕。まあ、プントと比較したら“現代のクルマ”は全部そうなのかもしれないが。

で、恐る恐る走り出す。あまりに恐る恐るすぎてクリープの有無とか、走り出した瞬間の感じとか忘れた。後から思うと、発進時も大げさな半クラッチとかはなく、非常に「うまい」発進をする。次に衝撃を受けた(=覚えている)のは、変色ショックのなさ。まるっきり衝撃がないことに衝撃を受ける。TCTなのでもちろん変速自体は瞬時に完了しているわけだが、これもうトルコンATの比じゃないぞ。エンジン音とタコメーターがなかったら変速してることに気付かないレベル。

アイドリングストップは、自分が慣れていないせいで違和感はある。が、もともとアイドリング中は前述の通り音も振動もほとんどないので、止まる瞬間の「ブルルッ」ていう振動がある以外は、止まる前と後での環境変化は最小限かも。路線バスが大げさに「ガタタッ」と揺れて直後から「シーン…」となる気持ち悪さからすれば、ないも同然。で、ブレーキを放すと即座にエンジンが再始動してアクセルに足を置く頃にはもう普通に走れる状態になっているし、始動時の音や振動も全く気になるほどのレベルではないので特に不満はない。ただ、左足ブレーキで乗る人の場合などは、出足がワンテンポ遅れるのが気になるかもしれない。ペダル配置は…フットレストの位置は何なんだよコレ。クラッチがあるはずの位置まで巨大なフットレストが占拠していてすごく不気味。ということはMTはフットレストないのか(未確認)。やっぱりこの車格だと右ハンドルは不利か…。

アルファd.n.a。ノーマルモードだと、可も不可もなくというパワー感だが、ダイナミックにすると、非常に心地よい加速感が得られる。ターボラグなんて皆無だから、大排気量エンジンかのようだ。とても1.4リッターで1.4トンもあるクルマとは思えん。2.5リッターNAくらいの感じ?分かんないけど。

パドルシフトを操作してみる。超短いストロークとカチッというクリック感に思いっきり萎える。操作感も何もあったもんじゃない。まさに「スイッチ」だ。先にも書いたように変速のタイムラグはゼロだしショックも皆無で、自分ではダイナミックモードにしてもシフトショックは全く感じられなかった。でもエンジンは回転数がある程度上がると心地よい音(控えめなので、アルフィスタとしては物足りないと思う人が多いかも)を聞かせてくれるし、ショックはないのに“変速してる感”は不思議と失われていない。これは気持ちいい。シフトダウン時もブリッピングで回転数を合わせてくれるのだが、フォーンン!とかいう大げさすぎる演出ではなく、瞬時に過不足なく回転を上げてつなぐ感じ。あまりに完璧すぎて、自分が下手くそなH&Tで回転数合わせてMT乗ってるのがアホらしく思えてくる。機械的すぎると言えばそうかもしれないが、こういう部分に「演出」は要らない。

試乗では、フィアットのデュアロジックとは一体何だったのか?と思うほど出来の良いアルファTCTに感心しっぱなしで終わってしまったので、ジュリエッタというクルマ自体がどうなのか?というのは、やっぱりMTで乗ってみないと評価できない。けど、「Sprint」のMTは限定車で既に完売。あとMTは「クアドリ~」だけ。1.4でこんだけパワー感あるのなら、1.75なんてどうなっちゃうのか。「Competizione」と「Quadrifoglio Verde」の価格差が小さいので、「Sprint」ベースに自分好みにいじるか、中間グレードを嫌う日本人らしく「Quadrifoglio Verde」にしてしまうか、二択だろうな。

あ、あとシート。硬くて、適度にホールドしてくれて、適度に緩くて、いつまでも座っていたくなるような素晴らしい空間。試乗後に座ったチンクのシートがオモチャに思えるほど良く出来ていた。でもやっぱりペダルレイアウトが…。左ハンドルを基準に作られた感が強すぎる。ペダルレイアウトなんてクルマを選ぶにあたって最も重要な部分のひとつだと思うんだけど。かといって左ハンドルを選ぶと日本では実用面でどうしても負の面が増えるし。日本に生まれた以上これはどうしようもない。まあ英国とオーストラリアと日本(それ以外知らない)のためだけの右ハンドルに注力するなんてアルファとしてはやっとれんかもしれないが、この点だけでどれだけ損をしているか、メーカーはもっとちゃんと考えた方がいい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。