スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカリング for プント2 第三章

さて、もろもろの問題が解決したので、さっさと交換してしまおう。でもライトユニット交換したら、夜間走行をする前に光軸調整くらいはしておきたい。そこで、午後から車検場の方面に行く用事のある天気の良い日、午前のうちに交換を済ませて、午後に外出ついでに車検場近くのテスター屋さんに寄って光軸を合わせてもらおう、と決定。

ヘッドライトを固定しているボルト で、いきなり作業開始。ヘッドライトなんてボルト3本で留まってるだけだから余裕。まずは、この3本のボルトを外します。これは、ヘッドライトのチリを合わせようとして何度か緩めたことがある。で、この3本を外し終わるまで、素で気付いていなかったのだが…。

バンパーに隠れているヘッドライト下部 ヘッドライトユニットって、前面から見えている部分より少し下まで本体があるんだよね。それは届いたヘッドライトユニットを見れば分かることなので知っていたのだが…。ユニットを少し上に持ち上げつつ引き抜けば外れると思っていたら、ライト直上にはフレームが走ってるので、上にずらす余裕が全くない。つまり、バンパーを外さないとユニットが取り出せないorz。最初から気付けよという話だが。でも作業を始めちゃったので、ネットで即バンパーの外し方を調べ(こちらのブログ参考にさせていただきかけました)、やってみようと途中までネジを外しかけたのだが、いかんせんフロントタイヤを外さないとフェンダー内側が厳しい…。技術的にも作業時間的にも無理と判断。そこで、めんどくさがりやの私は、ライトユニットのバンパー下に隠れた部分がわずかであること、バンパーに弾性があること、バンパーがすでに傷だらけで塗装も褪せて綺麗ではないことを総合的に判断し、バンパー前側の2本のトルクスネジだけ外して、バンパー上部を少しだけたわませて無理矢理ヘッドライトユニットを引っこ抜く作戦に出ました。必死だったので写真撮ってませんが、マイナスドライバーでこじるなどして見事成功。我ながら無茶をしたもんだ。バンパーもライトも特に破損はしませんでしたが、スリキズひとつ付けたくない人には絶対にすすめられない方法ですね。ってやるわけないか。で、同じくエンジェルアイヘッドライトを無理矢理ねじ込んで交換完了。

エンジェルアイに交換完了…片側だけ 配線は、エンジェルアイ部分を除いて2つのソケットを繋ぎなおすだけなので、サルでもできます。向きも間違えようのない構造だし。なので省略。とりあえず左側だけ交換できた段階でボンネットを閉めてみる。おお!雰囲気が…変わったような変わってないような。どちらもプロジェクター顔だし、オーナーでもなければ誰も気付かないレベルでしょう。これだけの変化のためにそれなりの金額を費やすなんて本当にバ以下略。

ヘッドライトユニットのチリが合っている…! ところで、同じ製造元のテールランプユニットは、チリ合わせに異様に苦労したので、このヘッドライトも当然合わないだろうなと思っていたのだが…。あら不思議!左右ともピッタリ合ってる(国産車レベルでの「ピッタリ」ではない)。ぜひ、ノーマルのときの画像と見比べていただきたい。リンクのノーマル画像は、固定位置の調整でもう少しマシにはなった(この記事の上から2番目の画像が最善の状態)が、このエンジェルアイユニットほどピッタリにはならなかった。というか、フェンダーとレンズカバーの角度自体が左右とも微妙に異なっていたので、板金でもしないと位置調整だけでは合わせるのは不可能な状態だった。これは嬉しい誤算である。ただしエンジェルアイユニットは取り付け位置の微調整幅が純正と比べて少ない(というかほとんど微調整できない)ので、個体差によっては却って合わないかも。

つづく。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。