スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカリング for プント2 第二章

さて、ついに手に入ったプント2用エンジェルアイヘッドライト。基本的には「plug and play」つまりポン付けできる構造だが、純正にないエンジェルアイ部分の配線はフリーになっている。これをどこにどうつなぐか。車検に通らないような状態は避けたいので、まずは色々調べてみる。

個人的には、ポジション(車幅灯)のスイッチに連動させて使いたかった。が、このライトユニットには純正と同じバルブを使用するポジション灯がちゃんとついている。これに加えて片側2灯のイカリングを連動して点灯すると、都合6個の車幅灯となってしまい、車検アウトになる。ポジション球を外せばいいのだが、「そこに本来は灯火の機構があるのに点かない」という状態は、法律云々の前に個人的に許せない。切替スイッチ?それもイヤなのです。さて、どうしようか。

しかし、灯火類の決まりを調べていると、「複数のバルブ(LED)を使ってても、全部が直列に配線されていればそれで一つのライトと見なすよ」という文言を発見。じゃあ、2つあるエンジェルアイ(各2灯のLED)の配線を直列にしてしまえばいいのでは?と、最終的に自動車検査独立行政法人に尋ねてみた。すると。結論から言うとダメ。「配線が直列でも、外から見て灯火として分かれていれば、それぞれで一つの灯火と見なします」だそう。でも、アウディみたいな、LEDがずらっと帯状に並んだやつは…「あれはあれで一つです」と。よく分からんがポジション灯計画はダメそうだ。

困り果てたところで、自動車検査~の人が一言。「“その他灯火”として使えばいいんじゃないスか?」と。ポジションやヘッドライト連動ではなく、明るさが300cd以下なら(LED4灯でそれを超えることはあり得ない)、「その他灯火」として認められるらしい。そうすれば、個数も、取付位置も、灯火の色も(前面に「赤」はダメなどの決まりはあるが)、全く制限はない。当然、夜間にポジションやヘッドライトやフォグランプと同時に点灯して走っていても何の問題もない。配線は面倒だけど(車内でオンオフ可能にするにはスイッチを増設しなければならない)、どちらにしろ選択肢はそれしかなさそうだ。

しかしもうひとつ懸案事項が。エンジェルアイをポジション灯にすることにこだわりたかったもう一つの理由が、この社外ライトのポジション灯が異様に小さいこと。車幅灯って15cm2の面積がないといけないのでは?これはどう見てもそんなに大きくない。そこで、その点も自動車検査~の人に聞いてみると。

「ダメですね」ときっぱり。嗚呼絶望。しかし。「…ヘッドライトユニットまるごと交換する感じなんですか?それってEマークは?各灯火毎にEマークに適合してるとかしてないとかあると思うので」と聞かれたので、「ライトユニット全体でEマーク適合品で、英国内で完全なロードリーガルの製品で…」と言いかけたら、「あ、じゃあ大丈夫です。全く問題ありません」と一転。どうやら、向こうの国で認められているものならそのまま日本国内でも認められるということらしい。

一軒落着。なんだかものすごく緊張した…。

プント2ノーマルヘッドライトとエンジェルアイヘッドライト ようやく現物の画像。実際に手にするまでバルブの付属有無が不明(H1が付いてくるよ、としか書かれていない)だったが、バルブ類は全て付属している。ハイビーム&ロービームはどちらもH1。その他は純正と同じで、ポジションがT10、ウィンカーがBAU15S、フォグがH3。ちなみに純正ライトのハイビーム&ロービームはH7だが、噂によると個体によってH1のもあるらしい。海外掲示板では「オレのクルマは右がH1で左がH7なんだけど(涙)…」とかいう書き込みも。ホントかなぁ。

バルブ配置…ノーマルは、外側から順にフォグ、ロービーム、ウィンカー、ハイビーム&ポジションという配置。エンジェルアイは、外側からポジション(左下のちっちゃいの)、ウィンカー(左上)、ロービーム、ハイビーム、フォグ。ロービームとフォグは純正も社外もプロジェクタータイプで、レンズ径も同じくらい。ハイビームがだいぶ小さくなる。ちなみにハイビームが青く見えてるのは、5000ケルビンのキセノンバルブにあらかじめ交換してあるから(ユニットに付いてくるのは普通のハロゲン)。このバルブが後に災いをもたらすことに。ウィンカーも普通のオレンジバルブが付いてきたが、ハーフミラータイプに交換してある。これだけで随分冷徹な目に見える。

冷徹かどうかはともかくとして、ヘッドライトユニット交換に踏み切った理由のひとつは、実はこの社外ユニットの各バルブの配置。純正ライトのデザインは嫌いではないが(なにせMGのスーパースポーツ、SVのヘッドライトなのだから)、ウィンカーとポジションが車の内側に寄っているのがどうも気に食わなかったのだ。もちろん、車の最外側から400mm以内ならOKなのだが、曲がる方向を示す灯火と、車幅を示す灯火でしょ、極力外側寄りにあるのが本来の姿だと思うのだが。という考え方は古いんだろうけど。

つづく。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。