スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペダル位置&角度、再調整

2011年末、世の多くの人々がのんびり過ごしてるか、帰省の渋滞にはまっているであろう頃におこなった、年内最後の作業。ペダルの環境改善。左右のオフセットは前回の加工で不満のない位置になったのだが、シート交換したりしてたらポジションの関係やら何やらでペダルを踏む足の角度が変わって、クラッチペダルのスイートスポットより少し上を踏んでる感じになってしまったのが気になっていた。微々たるものなのだけど、一度気になりだすと止まらないもので。

これまでは、ブレーキとクラッチは純正ペダルとSparcoペダルを2枚重ねにして、更に上側だけM8ナットをスペーサー代わりにいくつも挟んで(クラッチは後にアルミ円柱スペーサーに変更)長いネジで固定するという、実にやっつけな角度調整をしていた(過去の記事参照)が、これだとペダルの上下方向の調整はほとんどできないので、思い切ってペダルのスペーサーを新規で作ることにしたのであった。

アルミのブロック片を加工して… 某急ハンズで買ってきたアルミブロック。本当は斜めにカットしてもらいたかったのだけど、モノが小さすぎて加工を受けてもらえなかった。仕方なく自分で加工することに。穴あけはコスト削減のため最初から自分でのつもりで。しかし厚さ30mmともなると、ドリル穴の入口と出口で結構誤差が出るのな。1mmくらいは余裕でずれる。ボール盤の台座が傾いてるのか、ドリルの刃が逃げるからなのかは不明(まあ実際あまり気にしていない)。

ペダルに装着してネジ穴位置を決める。 例のごとく、記事の上では次の瞬間にはペダルのアールに合わせた斜め加工が済んでいて、既にペダルに固定されているという。しかし、この斜め加工が大変だった。カットする機械を持っていないので、グラインダーでひたすら削る。あまりに削る体積が多いところは、カットしたいラインに合わせてドリルで穴を連続であけてポッキリやろうと思ったら、ドリルの刃が折れて中に残っちゃったりして、余計に時間掛かってしまった。このスペーサーを車体側ペダルベースに固定するためのネジ穴位置は図面上で計算してあけたが、そこにSparcoペダルを装着するネジ穴は現物合わせじゃないとさっぱり分からなかったもので、こうして一度仮装着してみた次第で。

アクセルペダルに日光が当たっているが、今回彼は日の目を見ない。

アルミ板で作り直したフットレスト。 ちなみに。フットレストも作り直した。素材は3mmのアルミ板(本当は縞鋼板っぽいのがよかったけど手に入らず。上に何か貼り付けるつもりもあったけど面倒なのでアルミ地のままで。これはこれでレーシー(笑)で良いではないか)。以前のフォーレックス+塩ビ板のものより上方向に50mmくらい伸ばして、そして足元左上のパネルは思い切ってザックリカットしてみた(FF車なのでパネルの奥は空洞で、配線が少しあるのみ。この邪魔なパネルなんのためにあるのか)。画像のザックリ加減ではまだ足りなかったので、後に更に大きくカットすることとなる。これでつま先(の小指側)の逃げるスペースができたので、レストするフットがより快適に。それも、エコノミーからビジネスになったくらいの大幅変化だ。ただ中の配線類が丸見えなので、つま先を奥に入れすぎて破壊しないように気をつけねば。

ペダルスペーサー完成。 そうこうしてる間にスペーサーが完成したぞ。ペダルベースへのスペーサー取り付けは純正のネジ穴を利用してM6の皿ボルトで。そして、その上にSparcoペダルを取り付けるネジ穴はスペーサーにM6のネジを直に切った。これがまた、切削油も何も使わずにタップ切ったので苦労した。鉄だとサクサク切れるのに。このアルミはやたら粘っこいので非常に加工が大変だった。1000番台の純アルミだからだろうか(あまり詳しくないので分からない)。ネジ穴位置は、スペーサーの上から純正ペダルを装着することもできるように、純正に準じた位置にした。まあ、よくよく考えたらこの上から純正を付けることはなさそうだが。

Sparcoペダル再装着後。 さて、ペダル再装着完了。完成。クラッチは下側のネジ穴基準で右に15mm、上に10mmオフセット。ブレーキは右に18mm、上に5mmオフセット。当初はここまで大きく上にずらすつもりでもなかったので、ペダルの下にスペーサーとベースが見えちゃってるけど、まあこれは仕方ない。邪魔になるわけでもないし、削る気もないので、いずれスペーサー部分も黒く塗装して目立たなくしよう。

Sparcoペダル再装着後2。 横から見るとこんな感じ。スペーサーの厚みは、クラッチは上側ネジ穴で25mm、下側で10mmくらい。ブレーキは上側15mm、下側8mmくらい。手前に来ただけじゃなく角度がだいぶ立ってるのが分かると思う。異様に寝ていたクラッチペダルは、ブレーキと同じくらいの角度になりました。ここから更にワッシャーを挟んで微調整できる仕様なのだが、最終的にはクラッチの上側にワッシャーを2~3枚も挟んでちょうどよさそうな感じ。クラッチを床まで踏むとペダル面がだいたい垂直(ペダル面が大きくカーブしてるから曖昧だけど)になる感じ。靴底が濡れてても半クラッチ状態で足が滑ってペダルを踏み外すなんてことはもうないだろう。まあ、今回は上下オフセットが目的だったので角度自体は以前のやっつけスペーサーのときとほとんど変わってないけど。

上下位置の変化は大きかった。特にクラッチペダル位置を上にずらしたことで、自然にスイートスポットを母指球で踏めるようになった。これはなかなか気分が良い。しかし同時に、つま先がペダルの上方空間にあるアームやら何やらにかなり近づくこととなった。あんまりペダルの上寄りを踏むと、つま先がペダルのアームに引っ掛かってしまう。色んな方向が本当にギリギリ。靴サイズがでかい人は運転が大変かもしれない。純正の位置が気に入らなくてやってるわけだが、同時に純正ってよくできてるんだなぁとも感じる瞬間である。クラッチを踏む足が寝てれば、足のサイズはあまり関係ないもんね。

なんかまたペダル(フェイス)交換したくなった。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。