スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プント2にバルケッタのホイール(&スタッドレス)

流用第三弾。プントにバルケッタのホイールって実は(デザイン的に)合うんじゃないかと前から思ってた。

異常気象の昨今、安心して冬を迎えるためにスタッドレスを導入。そこでホイールのチョイスを…前に乗ってたバルケッタについてた純正の鉄チンホイールに。…じゃなくて、前車のバルは最初から最後まで社外アルミだったので、純正ホイールはついてなかった。これは今回わざわざ新たに手に入れたものです。リミテッドのアルミも渋いんだけど(こちら参考。勝手にリンクしてごめんなさい)、実は何気に初代の鉄チンのデザインは秀逸なのである。ちなみにニューバルケッタの16インチアルミのデザインはダメ。

プント2にバルケッタのホイール2

装着後。ほらこの通り、やっぱりいい…いや普通か?…まあ悪くない。センターキャップが欠品なんだけど…平面的なホイールって実は好きじゃないので、ちょっと潰れた朝顔的な感じということでこれはこれでいいかもしれん。フロントのハブだけどうにかして保護したいが。ホイールサイズは15×6.5、ET32。もちろんPCD98-4H。スペーサーは夏タイヤのときのまんま(フロント5mm、リアは右10mm左5mm)で装着。ちなみにスペーサー変更しなくてもアルミホイールとスチールホイールでは適正ボルト長が変わる(鉄の方が薄いので短くなる)ので注意。参考までに、短くてもボルトがせめて6~7山噛むくらいは必要らしい。逆に長すぎるとハブ内側に出っ張ったボルトが何かに引っ掛かってタイヤが回らなくなっちゃうことも。ボルトを仮締めしたらジャッキ下ろす前にタイヤを手で回してみて、干渉してないかチェックすればOK。コイツはアルミホイールに最大16mmスペーサーを噛ませることを想定したサイズ(長さ忘れたけどたぶん35mmとか40mmとか)のロングボルトを使ったけど平気だった。逆にプント純正ボルトは首下20mmしかないのでスペーサーが使えぬ。

鬼のように引っ込んでることで有名な純正アルミホイール(通称桜ホイール?15×6、ET37)と比較すると11mm強、スペーサー含めると16mm強(右リアだけ21mm強)出っ張ることになる。けど夏タイヤ用のテクマグ(16×7、ET30)と比べると8mm強引っ込む計算。この「出すぎず、引っ込みすぎず」感が、なんとも言えずちょうどいい感じなのです。見た目の話だけだけど、万人におすすめできる設定と言ってよいかと。スタッドレスという性格を考えるともっと引っ込んでてもいいかもしれんが(泥ハネがシャレにならんので)。

タイヤは…プント純正サイズは185/55R15だけど、これタイヤもバルケッタ用サイズなので、195/55R15がついてる。タイヤハウスのクリアランスが非っ常~に不安だったが、ネット見てたらプント2にこのサイズ装着してる例が複数あったので、まあ大丈夫だろうと決行。195/45R16(582mm)→195/55R15(596mm)で、夏タイヤより半径7mmアップ。しかもスタッドレスなので角張ってる。結果は…ステアリングをめいっぱい切ると、後ろ側のタイヤハウスに微妙に干渉する…。なので装着時にタイヤハウス内張りのプラスチックを熱で曲げたりしてもらおうと思ったけど、内張りのすぐ中がもう鉄板になってて全く加工の余地なし。けど、ちょうど「触れる」くらいなので、実用上は問題ない。だってステアリングめいっぱい切るのなんて車庫入れとかの極低速時だけでしょ。ドライ時は当たってる感触すらしないので、気付かなければ気付かないままだろう(ウェット時だと「きゅ~」という音が聞こえるので気付く)。というかフロントの5mmスペーサー抜けば干渉しなくなるかも。

195/55R15と195/45R16比較 夏タイヤとの比較写真。…なんか15インチの方が見た目のバランスもいいかもしれない…。タイヤがでかいからタイヤハウスのクリアランスがミニマムで、それもまたイイ。心なしか15インチの写真の方が車高も落ちて見えるぞ?特にリア。…はい、その通りです。16インチの写真は空車状態だが、15インチの写真はラゲッジにアホみたいに重い16インチを4本積んでる状態なので、リアだけ本当に沈んでいるのである。実際の車高は、タイヤ外径が7mmも大きくなったから当然上がるが、45扁平な上にエクストラロード仕様で空気圧高めの16インチと比べると55扁平の15インチは車重でたわむ割合が大きい(アホみたいに重いフロントの話ね。リアは変わらん)ので、実測したらほとんど変わらないはず。スピードメーターの誤差でみても、はっきり分かるほどは変化なし。まだ全然実速度よりメーター値の方が高く出る。

夏タイヤと冬タイヤ比べてもしょうがないけど、16インチから15インチになって、確かに柔らかくなった。スタッドレスだからか、乗り心地が滑らか~というのとは全然違うけど、多少舗装がデコボコしてても突き上げとかは大ざっぱに角が取れた感じ。元々このクルマには15インチが合っているのだろうなあ。ロードノイズは特に気にならない。低速時にブレーキ踏んでフロントに荷重が掛かるとさすがにタイヤがうるさい感じがするなぁという程度。別にドライ路面を走るのに絶対的にガマンが必要ということはないらしい。これだったら冬の間ずっとスタッドレスでもまあまあ快適に過ごせそう。ただ、たまに交差点なんかを曲がって加速しながらステアリングを戻す時に、クルマの挙動が自分の感覚とずれることがあって、ちょっと気持ち悪い。分かってるふうに言えば、タイヤの剛性感がない、とでも言えばいいのだろうか。思いっきり気のせいかもしれないけど。あ、あと、普段だったらフツーにあり得るくらいのやや速い速度でカーブを曲がったら簡単にタイヤが鳴いた。ドライ路面でもゆっくり走らないと。

次なる野望は、ホイールの塗装。もしも、実は何気にデザイン悪くないバルケッタ純正スチールホイールを黒っぽく塗装したら…。

バルケッタ純正鉄チンホイールを塗装(予想図) これは!!渋すぎる。ちょっとワタナベっぽく見えない?ぜひ、妄想で終わらせずに実行したいところだ。

まあ、やるとしたら来シーズンだが。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。