スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

147TIレザーシート 後日談

147スポーツレザーシートonプントHGT 色々な(取付けに関連したり関連しなかったりする)トラブルを克服してどうにか装着した147のシートだが。どうしてもしっくりくるポジションが出なくて、試行錯誤を繰り返してるうちにわずか数週間で「このシートは自分に合わないんじゃ…」と思い始めたりしたけど、色々な思い込みを捨てて調整したら、ようやくハマる位置が見つかった。“スポーツ”レザーシートと名乗るだけあって、座面も背面もかなり硬い。なので、位置が合っていなかったりちゃんと座っていなかったりすると、体のどこか一部に圧が掛かったりして長距離で疲れてしまう。逆に、ちゃんとポジションを出してシートに深く座っていれば、その位置でしっかり支えてくれるので、どれだけ長時間乗ってても疲れ知らずなのだ。そもそもが乗用車なのに似非スポーティ(笑)な感じを出したくて今まで無理矢理なポジションの合わせ方してたので、そこから脱却するのに時間が掛かったわけで(アホ)、普通なら特に難しいことでもないと思うのだが、最後の方はまるで自転車のサドルを調整している気分だった(あれは1ミリ単位の世界ですからね)…。

ローポジ加工のおかげで座面の低さに対して膝裏が高めなので、以前よりもシートを前に出して膝を立て気味にする感じで落ち着いた。シートをローポジション化すると同時にステアリングのチルト調整幅も低くなるよう加工しているので(ノーマルではそもそも上の画像ほどチルトを低くはできないが、これでもまだめいっぱい下ではないのだ)、これだとステアリングコラムカバーと膝とのクリアランスが微妙に足りない感じになるが、まあ運転に支障がないのでよしとしよう(例えばジェレミーくらいの体格でコンパクトカーに乗るとコラムを両膝で挟む姿勢が普通みたいだし、それ考えたらまだ全然)。ついでに、ポジションがタイトになったことでシフトを4速に入れたときTIシートの異様に張り出したサイドサポートと肘がちょっと気になるくらい干渉するようになってしまったので、エクステンションの曲げ角度を大きくしてシフトノブを前方に逃がした。見た目はアレだけどノブの握り心地はなんだかとても良くなった。そして、図らずしてノブの角度とステアリングの角度が同じくらいになった。

あと、幾度となく角度を変更しているペダルだが、ペダルと足の上下方向の位置関係が変わったりしてまた角度が合わなくなったので、アルミの塊でスペーサーを作り直してもうちょっとだけ角度を立てた。今までがやっつけスペーサー(ナットを挟んでただけ)だったので強度アップも兼ねて。もはやノーマルとは似ても似つかない配置になっている気が(たぶんクラッチは角度が30°くらい違う)。つーかノーマルはなんでブレーキよりクラッチの方が極端に寝てるんだ?意味分からんし。ステアリングもオフセットのデザインによって若干普段使いには近すぎる感じになったので、スペーサーを再調整したい。

あと問題は、後ろから追突された時くらいしか用を成さなそうなヘッドレストだな。別にヘッドレストと後頭部が常に接しててほしいわけじゃないのだが、自然な運転姿勢を取ったときに、どう考えてもヘッドレストと後頭部の距離が離れすぎ。シートの肩らへんのサポートが分厚いくせにヘッドレストはそうでもないためだ。エイリアン用かよ。純正のプントシートも147のファブリックシートもそんなことなかったのになぜこいつだけこんななんだろう。ヘルメット被って乗ったらちょうどいいのかもしれん。これに関してはホームセンターで買った激ダサヘッドレストカバーを縫ったりスポンジ挟んだりで調整。いずれもうちょっとどうにかしたい。

147スポーツレザーシートin部屋 ついでについでに。リアシートも実は一緒に手に入れていて、でもプントに無理矢理載せる気はないのでどう処理すべきか思案していたのだが、サクッとホームセンターで木材とネジを買ってきて(材料費たぶん数百円)、サクッと台座を作って、ソファにしてみた。いつも散らかりっぱなしの某家の某室に、イタリアの高級レザーソファ(笑)。これがなかなかどうして座り心地が良いのです。バックレストの角度は何と調整可能!…壁からの距離で角度が決まるという(爆)。台座がやっつけなのはご愛嬌。“設計”しないでテキトーに木材の長さを切って(もらって)、その場合わせで作ったら長さが足りなかったのです。

ちなみに取り外したプントの純正フロントシートは運転席がPCチェア、助手席が座椅子に化けている。

関連記事

テーマ : イタ車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。