スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紺】ミニベロ7の406→451化 実践編

準備編と称して妄想していた451化だが、GIANT「IDIOM」用の451ホイールが落ちてたので(嘘)、えいやっと実行してみた。必要なパーツは前々からチマチマ揃えてたのだけど。具体的には、26インチフレームに700Cホイールを履くのに使うシュー調整範囲が異様に広いVブレーキ(メーカー不明、名称不明。以下CH型Vブレーキと呼ぼう)。451用リムテープ(これがなかなか在庫してる店がないんだな)。451用チューブ(どこでも売ってる)。451タイヤ(選択肢が数えるほどしかないが…妄想通りPanaracerのミニッツライトPTに)。そして中古の451ホイール。ジャンク品を安く買ったら不具合だらけで大変な目に遭った。安物買いのなんとやらとは本当である。これからやる人はせめて2万円前後出して台湾製の新品ホイールを買うことをおすすめする。

Bianchi Minivelo-7 451化の前後比較 で、完成。例のごとく作業中の写真は撮ってない。というか、ブレーキはあらかじめ交換してあったので、451のタイヤとホイールを組んでおいて、406からスプロケだけ移植しつつサクッと付け替えて(クイックだから着脱は一瞬である)、あとはブレーキシューの位置を調整しただけ。実に簡単。作業中も何もないのである。ミニベロ7はエンド幅135mmだが、IDIOMホイールは130mm。この点に関してはこちらの記事参照。ドロヨケは無加工だとギリギリのところでタイヤに当たっちゃうので、一旦外した。タイヤ外径は計算どおり25mmくらい大きくなった模様。リム位置は20mmちょい移動したはずだが、406の時はシュー位置がCH型Vブレーキの調整範囲の下ギリギリくらいだったのが、調整範囲の中央ちょい上くらいになった。26インチ用フレームで700Cホイールを使う場合は30mm強動くわけだから、まあそんなもんだろう。見た目は…タイヤ外径のアップはドロヨケがなくなったことで視覚上は今までと同じくらいだし、IDIOMホイールはセミディープリムみたいになっててリム内径も今までと同じくらいなので、ぱっと見の印象は色の違い以外あまり変わらないorz。

あ、そういえば一点。スプロケを移植する際、IDIOMは8・9速用フリーハブだから、7速スプロケを装着するための4.5mmスペーサーを買っておいた。が、いざはめてみると、スプロケの幅が広すぎてロックナットがどうにも届かない…。1mmスペーサー(10Sスペーサーで代用していたが、この機会に取り寄せておいた正規の間座に入れ替え)を外すとちょうど入るサイズなんだけど…これ外したら当然ギア間隔おかしくなっちゃうし。仕方ないので、4.5mmスペーサーをあきらめ、7速スプロケをバラした際に出てきたギア間のスペーサー(3.1mm厚くらい?)を代わりに入れて組んだ。バッチリだった。理屈ではハブ軸に対するスプロケの位置が1mm強変わっちゃってるはずだが、若干ワイヤー調整しただけでディレイラー調整も特に要らなかった。なんだかよく分からないがまあうまくいったからいいや。

本気すぎるIDIOMのホイール 時に、GIANTのIDIOM(1と2)純正ホイール。30mmくらいのセミディープリムで、シュワルベチューブの40mmバルブがちょびっとしか出ない。スポークはフロント20本、リア24本で、更には組み方が、フロントはラジアル組み、リアはフリー側だけタンジェント組みで反フリー側はラジアル組み。スペックが本気すぎる…。完成車のホイールでここまでやってるのはあまり見たことがない。とても5万円台~のバイクのものとは思えない。まあ実際は価格からして性能の良いハブを使っているとは思えないし、あくまでルックス重視だと思うけど。重量も相当重い(たぶん)。ちなみに「IDIOM 0」は更に深いエアロな感じのリムがついているようです。そういえば、今までホイールにタイヤ組むので苦労したことは一度もなかったのだけど、このホイールにミニッツライトPTを組むのは本当に大変だった。がんばって手ではめようとしたけど、どう考えても無理っぽい雰囲気で、指にマメができそうだったので、おそるおそるタイヤレバー使ってしまった。出先でパンクしてほしくないものである。

剛性がなさすぎるVブレーキ CH型Vブレーキ。メーカー・ブランドは本当に不明。台湾製。シマノのDEOREからのグレードダウンとなる。先に書いたとおりシューの可動範囲は相当広く、406→451くらいなら余裕。その分でかくて見た目が野暮ったいし重量もあるがそれは仕方ない。問題は、作りが見るからに安っぽくて(TEKTROの一番安いのよりはマシっぽいが)ブレーキとしての性能を期待できそうにないことである。ホイール交換前に先にブレーキ本体だけCH型に交換し、シューは古いののままで再セットして少し乗っていたが、DEOREより全然利かない感じがして、本格運用の前から不安の種だったが。はたしてシューのセッティングがいい加減だったせいなのか、ブレーキ本体の性能差なのか…その疑問は以下で解けることとなる。いや、解けてないや。あくまで推測で片付けてしまうこととなる。自作アダプターで対応した方がよかったかなぁ…。シューは今回のホイール交換と同時にJagwireのカラーのやつに交換してみた。

簡単にブレーキシュー調整して試乗したら、ブレーキの鳴きがひどくてひどくて、それはもうナマハゲを見た赤子のごとく。よく見たら後輪のシューがトーアウトになってた(フラットにしたつもりだったのに…)。これはイカンと思いわずかなトーインにしたがあまり解消されず。リムが汚いままなせい?シューが安物のせい?いや、これはCH型Vブレーキ本体の剛性不足な気がする。ただでさえピボット剛性のなさそうな安物ブレーキだが、451化によってシューがピボットから遠い位置になった=リムの回転方向に引っ張られる力が通常よりかなり強く掛かる、ということなので、シューのセッティングがフラットだとトーアウト側によじれちゃうのだろう。想像だけど。調整範囲の利点がなければ使いたくない、CH型と言っても「Chouseihan'i-ga-Hiroi」ではなく「Chotto-Hanashininaranai」ブレーキである。「Chou-Hetare」でもいいや。仕方ないので、それはないだろ的な極端なトーインにしてみたら、嘘のように鳴きが直った。利きも申し分ない(街乗りレベルでは)。というか、超ハイグリップなタイヤとあいまって、タイヤロックしない範囲で急減速するのがやりやすくなった。またもやなんだかよく分からないがまあうまくいったからいいや(その後やっぱりブレーキの利きに不満を感じて徐々にトーインを浅くする羽目になる)。

さて、451化そのもののメリット/デメリットは?…乗ってすぐ分かるくらい、自分の位置が高くなった。上に移動しただけでポジション自体は何も変わってないのに、言われてみれば漕ぎ出しの最初の“掛かり”が良い気もする(踏みが軽いわけじゃなくて、なんとなく踏みやすい)が、素人に分かるわけがないので気のせいだろう。コーナリングのヒラヒラ感は…違いが分からん、というか違いが分かるような走り方をしていない。足付きは多少悪くなったはずだが、やっぱり前が良すぎただけで、こっちの方がフツーな感じ。BB中心の地上高は275mm弱かな…ちょうどタイレルと同じくらいのようだ…適正じゃん。加速の伸びはあまり良くない。タイヤがでかくなった上に回転部分の総重量はほとんど軽くなってない状態でいつものギアで走ってるのだから当然といえば当然だが、細くて軽いタイヤの恩恵でもうちょっと軽く回りだすのかと想像していた。整備不良のハブのせいかもしれん。ただ、ミニッツライトPTの乗り心地は想像より遥かに良い。700kPa入れてるのに、路面状況はしっかり伝わるものの、段差などは「トン」といなしてくれる感じ。すばらしい。あ、あとロードノイズが恐ろしく静かになったのも嬉しい。巡航速度は、タイヤ外径が5%も大きくなったのに前と同じギアのままで同じケイデンスで走れるくらいには上がった。速度の維持も楽になった。タイヤの転がり抵抗は相当少なくなったのだろう。セミディープリムの影響もあるのか?分からんが。このタイヤはスピードに乗ってからが本領発揮のようだ。ん?漕ぎ出しは重いけどスピードに乗ると速い…それってもうミニベロじゃないじゃん?いやいやいや…。あ、あとそれより何より、タイヤが大きくなった分トレイルも増えているはずで、速度域に関わらず直進性もそれこそ驚くほど向上した。手放し運転の難易度がものすごく下がった。もはやママチャリレベル。かといってハンドリングはミニベロらしく全くシャープなまま。やっぱり単純にタイヤは大きい方が…いやいやいや、このフレームにはこのタイヤサイズの方があっていたと考えよう。

ちなみにタイヤ周長は、パセラコンパクト20×1.5(37-406)が1511mm、ミニッツライトPT20×1 1/8(28-451)が1590mm。どちらも空気圧指定内MAXで、乗車状態、前輪。ミニッツライトPTはトレッドのセンターが尖っているので、幅の割に接地面積が狭いらしいが、トンガリの分だけ幅に対してハイトがあるように見える。扁平率100%超えてるんじゃないかと。横から見たらそこそこ太いタイヤかのように見えませんか。

451化に掛かったおおよその費用(送料手数料等含む)。
中古ジャンクホイール+整備:?円
新品リムテープ:600円
新品タイヤ+チューブ:8,800円
8S→7Sスペーサー:300円(使わなかったが)
CH型Vブレーキ前後セット:3,400円
ついでに交換したブレーキシュー:1,000円
合計:2万円強

スタンドの角度はワッシャーで微調整したので、451化するにあたって新たに必要となったパーツはこのくらい。


「シューの調整範囲が広いVブレーキ」のことを「B型Vブレーキ」と表記していたが、「CH型Vブレーキ」に改めました。どちらにしろ分かりにくいので、一般的な呼称をご存知の方教えてください。

関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。