スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうシングルスピードでいいんじゃね

紺くんのスプロケットをクロースレシオにしたら、平地でも頻繁にシフトチェンジをするようになった。やっぱり変速機は必要だ。…がしかし、それは色々な状況・スピードで走る数km圏内の街乗りだからであって、同じ街乗りでも比較的同じようなペースで十数~数十km走るナディの場合は、平地なら強風でもない限りほとんど変速しない。更には、信号待ちで停まる時も、よっぽど疲れてない限りシフトダウンしません。当然走り出すときもそのままのギア比で軽くダンシングで加速します。だったらもうシングルスピードでいいんじゃないかと。

自動車もバイクもマニュアル一筋です。自動車に関しては、今のところ、五体満足である限り永久にマニュアルを乗り続けようと思ってます。マニュアルモードすらないオートマの乗り物なんてこの世から消えてしまえばいいとさえ思う。内装3段変速のママチャリに乗っていた時代は、必ずロー発進、加速とともにシフトアップ、という走り方をしてました。シフトチェンジの面白さは(使いこなしているかはともかくとして)ものすごーく分かっているつもり。なのに自転車になるとなぜ。

こういう、変速できるのに変速しない走り方をしている人は馬鹿だという意見を聞きます。まあそう思います。減速時にちゃんとシフトダウンして、加速と同時に徐々にシフトアップしていく方が言うまでもなく効率がいい。せっかく18段もギアがあるのだから、うまく使えばCVT並みに回転数維持したままの加速ができるはず。が、私の場合、ゼロ発進はダンシングで強くゆっくり「踏む」力と「引く」力を使い、スピードに乗ったら「回す」力に切り替えて、筋肉を使い分けているイメージで乗ってます(あくまでイメージの問題。この場合、実際に使い分けができているかは問題ではない)。都会ではひたすらストップ&ゴーの繰り返しなので、ずっと回す力だけだと、体力のない自分は疲れちゃって走れない気がして。あと街乗りなのに平地で突然ダンシングすることなんてまずないので、スタート時くらいダンシングを取り入れたほうが力の使い方のバランスが良い気がして。

…もうシングルスピードでいいじゃん。どうせ坂道なんてほとんど走らないんだし。

とか色々ぼんやり考えていたら、ふとひらめいた。最近は全く乗ってなくて完全持て余しモードのミロスくん。こいつをシングルスピードに改造するのはどうだろう。

現在、ただでさえ重たいフレームに、SACHSの内装3段外装7段の21段変速というコンポが付いている。外装7段は変速ショックがでかいし整備不良でたまに機嫌悪くなるし、内装3段はトルクを一旦抜かないとシフトアップしてくれない(昔乗ってたパナのママチャリはトルク掛けたままシフトアップできたぞ。ママチャリにも劣ってるぞ)。これ全部取っ払ってシングル(フリーギアね)にしたら相当スッキリするに違いない。ハンドル回りも思いっきりシンプルになるし、なんちゃってアヘッドのステムもスレッドに戻すつもりでいたし。天然ウッドの小物入れとドロヨケもちょうど外しちゃってるからそのままで。タイヤは今の26×1.25でもいいけどどうせなら26×1.5くらいにして、ギア比は軽めに。おお!考えるだけでワクワクしてきた。

とは言っても、予算の問題とか、手間の問題とか、色々あって現実にはならないのです。まあ、想像してるときが一番幸せかもしれんし。でも、チェーンテンショナーどれにしようかとか色々調べちゃったりするのです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。