スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニベロ7の406→451化 準備編

■具体的な妄想編
紺くん(ビアンキ ミニベロ7)を、標準のHE20インチ(406)からWO20インチ(451)にサイズアップしようかと目論んでいる。好奇心的な意味で前からやってみたかったのだけど、一に予算がなく、二に予算がなく、三にも四にも予算がなく、五に、ミニベロ系雑誌でよく「このモデルは同じ20インチでも一回り大きい451サイズを履いているため走行性が良く…」とか書いてあるのを見て、タイヤサイズでかくした方が良いんだったらミニベロの意味ないじゃん!と思って、タイヤのサイズアップは、ひいてはミニベロの存在意義を否定することのような気がして、なんだかなぁ…と却って躊躇していたのだ。

あと、事実上のBBハイトが高くなる、というか本来の設計と変わってしまうのになんとなく抵抗があった。足付き性が悪くなる…というのは元々停まる時はサドルから降りてるから全然関係ないけど、なんか、よく分かんないけど何となく。が、前途有望な知人が購入を検討しているGIANTのEscape Miniのジオメトリを見ていたところ…BB下がりが「-35mm」もある(しかない?)のに気付く。BianchiのMinivelo-7はBB下がり「-20mm」。全然ジオメトリ違う自転車を比べても仕方ないが、同じ20×1.5のタイヤを履いた自転車で設計上15mmも違うのがあるのに、そんくらい気にするほうが馬鹿だろ、と思えてきた。そもそもレースやってるわけじゃないから走行性能なんて関係ないし。それに、ミニベロ7はペダル漕ぎながらコーナリングして地面にペダル擦ったことが一度ならずあるし、足付きも他のチャリに比べてやたら良過ぎるような気もするし、もう少し高いほうが実はいいのかも。これは上げても問題ないっしょー。

そもそも、WO20インチにするのであれば、タイヤ幅は1~1+1/8(23~28-451)になるだろう。今の20×1.5(40-406)と比べると、ホイール径が約45mmでかくなるけど、タイヤが薄くなることで径が20~25mmくらい小さくなるから、都合直径の変化は20~25mm程度。BBハイトは10mmちょいしか変化しない。計算上のBBから地面までの距離は、406のままのGIANTよりまだ低い。それならいいいっしょー。というか、今後のカスタマイズにおいて406のままで細いタイヤを履かせることを考えると、今より直径が小さくなっちゃうわけで、それだったら451化しちゃった方が遥かに良い気がする。ちなみに、最初から451を履いてる同じビアンキのMinivelo-8と9は、BB下がりが「-5mm」で、Minivelo-7と比べて15mm低い。

あとジオメトリ的な話で変化するのはトレイルが大きくなることくらいだが、もともとヘッド角が73°もあるミニベロ7はトレイルがかなり小さい(測ってないけどたぶん)。ママチャリではブレーキ掛ける時以外はハンドル持つことの方が少なかった(言い過ぎだろ)私でもこいつで手放し運転ができるようになるまで若干の練習が必要だったほどだ。トレイルが大きくなる分にはいいんじゃね?

■具体的な準備編
じゃあ、まずはそもそもミニベロ7に451が付くのか。問題となるのはクリアランス。ブレーキシューの位置。ハブとスプロケット。あとは予算。

クリアランスに関しては、7にはドロヨケがついてるから、外せば無問題。ただ、街乗り用なのでドロヨケは外したくない。現状ドロヨケ内側とタイヤのクリアランスは場所によって10~20mmくらいで、ドロヨケとフレームのクリアランスもわりとあるので、ステーを加工して取り付け位置を工夫すればどうにかなりそう。アーチを広げるのも、アルミだから少しつぶして曲げればいいだけだし。詳しい方法は、やってみてから考えよう。

ブレーキシューの位置は、26インチMTBフレームに700Cホイールを履くためVブレーキ保持位置を移動する「700Cトランスファー」なる部品を使えば変更可能。けど、いかにもMTB然としたゴツいパーツだから見た目絶対おかしいし、そんなことしなくてもシューの位置調整幅がやたら広いVブレーキが存在するようなので、それで間に合わせたほうが早い。てこ比の関係で制動力は弱くなるだろうが、元々効き過ぎるVブレーキなので問題ないだろう。いざとなれば標準でついてるパワーモジュレーターを外せばいい。ワイヤーとのクリアランスも、よほど太いタイヤを履くのでなければ問題ない。

ハブとスプロケ。ミニベロ7は、その名の通り7速なのだが、OLD135mmのカセットスプロケット7段という仕様。7速用ハブの451ホイールなんてまず手に入らなそうなので、8~10速用ハブのホイールを入手して、スペーサー噛ませて今の7速スプロケをそのまま使うか、適当な8速スプロケを付けて一番ロー側のギアは使わない仕様にするか(この方法は「できる」という人もいるが、変速性能に問題が出るという話もあるので、慎重に検討する必要がある)、でいけそう。そうすれば、シフターまで交換しなくても済む。8速化?9速化?しませんよそんなの。シフター交換=巻いたばかりのバーテープ巻き直しになるので、手間も予算も一気に増えちゃうのだ。ディレイラーも交換になるだろうし。

あ、なんか現実味を帯びてきた。あとは予算だ。しょぼいグレードor中古のホイールに1万、タイヤ(ミニッツライトPTがいいな)とチューブ(シュワルベがいいな)とリムテープに1万、スプロケのスペーサーが250円、ブレーキが3,500円。ついでにシューをカラーのやつに交換して1,000円。ドロヨケがうまく加工できなかった場合にAKI WORLDの板ドロヨケを買って4,000円。あれ…高い。予算が…。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。