スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作シフトノブ&エクステンション(完)

実際に作業したのはいつだったか忘れちゃったくらい昔のことだけど。

自作シフトノブ&エクステンション 以前作成して、やっぱりイマイチだったと気付いた自作ノブを再び旋盤(じゃなくて本当はボール盤)にセットして削り直し(資源の有効活用)、もうちょっと細く&球に近く(でも若干の角ばりは残しつつ)してみた。ニスは薄く塗った。ちなみに内部は15mmの穴をあけて外径15mm・内径11mmの樹脂パイプにM12×1.25のネジ山を切ったやつを押し込んで接着してある。ついでに自作エクステンションに本革(ベロア)で筒状のカバーを作り、被せた。たったこれだけのことでアラ不思議、高級感が…出ませんね。

ウッド削り出し自作シフトノブ 回転させながら削りました感がはっきりと残るシフトノブ。わざとではなくてペーパー掛けるのが面倒だっただけ。後ろのオーディオの右下に見えるのは最近流行りのスマートフォンもギリギリ挟めるホルダー。左上に見えてるコードはスマートフォン用のシガーソケット→microUSB充電ケーブル。極度自動血中アルコール濃度達で498円だった。量販店で普通のコンセントの充電器が900円くらい、USB→microUSBケーブルだけでも800円くらい、シガーソケット→USB変換プラグが700円くらい、旧ケータイ充電器→microUSB変換コネクタだけでも580円するのに…物の価値ってどうなってんだ。

それにしても旧ケータイ→スマートフォンの変更で、本体価格はともかくとして周辺環境の整備に予想外に金が掛かった。って、関係ない話ですが。


で、このノブ。いざ使い始めてみたら、あまりに手に馴染むものだから心地よすぎて、もう他のシフトノブが使ってられなくなった。というわけで、せっかく色んなノブをとっかえひっかえ使えるシステムにしたのに、ほとんど交換することなくずっと使い続けている。材質が桂で柔らかいので、指輪とかでキズが入りやすいのが難点だが、まあそれらも味ってことで。

やっぱり自作が最高…と言いたいところだが、使い勝手を追求すると結局市販のノブに形状が近付いてくるんだよね。こういうタマゴ形状というか、完全な球じゃないノブってわりと定番として存在するし。うまく自己満足モードに入れず、若干の空しさを覚える今日この頃。何やってんだろ本当に。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。