スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撫】ステム交換

元々ITMの90mmステムがついてたナディだが、ハンドルバーの角度を調整するためにクランプのネジをいぢってたところ…「パキン」という音が。ネジ山を潰しちゃったのかと思ったが、そうでもないっぽい。一応保持はしてくれてるけど、締め付けが弱くて、強い力を掛けるとハンドルバーの角度が変わってしまう。パキン音を発したネジはある程度強く締めるとまたパキン音を発して緩んでしまうようで、十分なトルクが掛けられない。出先だったのでとりあえずそのままで恐る恐る帰った。

後からステムを分解してみると…。ステム内側が極端に肉抜きしてあるため、バークランプのネジ穴まわりの肉厚が一部だけ超~薄くて、そこに亀裂が入ってしまったようだ。それで、ネジ山は生きてたのに、ある程度トルクを掛けると亀裂が広がってネジが戻されてしまうという現象が。つーかこれ設計ミスだろ絶対。

ノーブランド100mmステム 間もなく乗る予定があったので、とりあえず間に合わせでノーブランドのステムを購入。ダウン角10°、コラム側クランプ幅40mmでこれまでのITMと変わらず。長さを10mm長くして100mmにしてみた。というのも、先日フィッティングを体験したところ、「このトップチューブ長なら110mmが適正、乗り慣れてきたらもうちょっと伸ばしてもいいくらい」という結果を言い渡されたので、この機会にとりあえず10mm長くしてみた次第。それにしてもクランプ径26.0mmのステムは在庫処分とかで安く手に入るので嬉しい。

結果。これまでよりハンドルが遠くなったはずなのに、なぜかポジションが楽に感じるようになった。うまく言えないけど、ブラケットポジションで走ってると、自分の書斎に置かれた自分専用のデスクに納まっているみたいに居心地が良い。これは不思議。あと、ブラケットを握るポジションも別に遠すぎるとは感じないんだけど、雑誌で森師匠がよくやってるみたいな、ブラケットの上に手のひらを置くようなポジションを取るとものすごく「ハマった」感じがして楽。今までは感じられなかった感覚。どうも90mmではちょっと窮屈だったようだ。

こうなると110mmも試してみたいが、100mmがあまりに心地よいので、しばらくこれで乗り込んでみることに。試すのはもう少し乗れてきてからでいいだろう。にしてもこのステムなんなんだよ。ステム本体は細くスリムに仕上がってるのに、コラム側のクランプボルト部分が出っ張りすぎで見た目が変。ボルトも左右対抗方向に締めるタイプじゃないし。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。