スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱 ミニカ

ユーロ~で借りた軽自動車の代車の中で(といってもオートザムキャロル(2代目)、スズキワゴンR(2代目)、コレ、くらいだが)、最も印象の良かったクルマ。

三菱 ミニカ (6代目)

三菱ミニカ(6代目)。軽自動車で四駆だから、遅いしもっさりしてるし、走りの印象が良いわけがない。燃費も悪いし。しかし、シートの座り心地は(決して良くはないが)今までに乗った軽のなかで一番自然で、ステアリングもシフトレバー(ATです)も、自然に手を伸ばした位置にある。すばらしい。コレに乗った後でプントのシフトノブの高さを修正したくらいだ。まあ、ステアリングは35cmの社外品に交換してあったが。

走った印象は…忘れちゃった。けど、こいつに対して好印象を持っているということは、クルマの評価を決定する非常に大切な要素が、自分の場合ドライビングポジションとか座り心地とかにあるんだな、ということを改めて思い知った。プントをいじるにしても、ステアリングやシフトノブを交換したりポジションを大きく変えたり、ペダルオフセットしてみたり、フットレスト付けたり、シートポジションを下げてみたり、自分が直接触れる部分が中心になってるもんな。

あ、思い出した。ハンドリング。ステアリングギアレシオはギリギリ及第点。キャロルとかはロックtoロックが4回転もあって、とても軽快に交差点を曲がれる感じじゃなかったが、これならなんとか。しかもこのクルマ、何と電動パワステだった。キャロルの油圧パワステと比べたら、いや比べちゃいかんくらいにスムーズで、違和感がないと言ったらかなり言いすぎだけどまあありすぎでもない。ただ…。

代車を借りた際、「たまにパワステ警告ランプがついてノンパワーになるけど気にしないで乗ってね」とあらかじめ言われていたのだが、それがわりと頻繁に起きた。走行中だったらまず全然問題ないのだが、その状態で車庫入れとなると、現代では滅多に体験できない、いわゆる重ステを満喫できる。軽だし、「据え切り」しなければ全然どうってことないレベルだけど、なかなか楽しい体験であった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。