スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撫】スプロケット交換

シクロクロスのなんちゃってロード化計画の最後のポイント、スプロケット交換。これさえ終わればひとまず完了。…これ以上やるとほとんどロードになっちゃうから。

元々はMTB用の超ワイドレンジのスプロケット11-32Tが付いてたが、そんなに上も下も使わねーよ、というのと、真ん中らへんのギアがもっと細かくあってほしいよ、という理由から、ロード用のスプロケへの交換を考えたわけだが。街乗りで普段よく使っていたのは、ちょうど真ん中の18T。しかし一段重くすると16Tに飛んじゃうし、一段軽くすると21Tになっちゃうというのが、どっちも使いづらくて困っていた。じゃあ、18Tくらいを中心としてクロ(ー)スレシオの9Sスプロケを探せばいいわけだ。

MTBスプロケで走った限りでは、登りで使うのはインナー×24Tまでで、28Tを使うことは滅多になかった(というか、28Tや32Tを使いたくなるような激坂は登らない)。逆に思いきり飛ばしたとしても、12Tなんて絶対使わない気がする。以上のことから候補に上げたのは、13-25T(13-14-15-16-17-19-21-23-25)、14-25T(14-15-16-17-18-19-21-23-25)。18Tが真ん中で、レシオも考えうる限り近い14-25Tがベストっぽいが、タイミングよく13-25Tの中古が手に入ってしまったのでそっちになった。

それほど高いもんじゃないし一応消耗品なので新品購入も考えたが、大して距離を走らない=耐久性は気にしなくていい=多少使った中古品でも問題ない、中古なら安い=同じ価格で上級グレードが狙える=自己満足度が上がる、という図式により、結局ULTEGRAグレードの中古購入に至った。新品の9Sで今でも普通に手に入りやすそうなのはTIAGRAグレードだが、古いとはいえコンポが105、なぜかハブはULTEGRAが付いてるのに、スプロケだけTIAGRAってどうなの?という妙な納得いかなさを感じることもこれでなくなった。実際違いなんてないと思うけどね。

さて、買い揃えたスプロケ外しとロックリング外しが活躍するときがいよいよ来たぞ!と、意気揚々とセットして、むん!と回そうとしたら、ほとんど力を掛けることなく緩んでしまった。ここの締め付けトルクって30-50N・mじゃなかったっけ…?ものすごく緩んでたっぽい。ちゃっちゃと交換して、しっかり締めて、完了。なんだこれ、パンク修理より100倍簡単じゃないか。交換前後でディレイラー調整も特に必要なかった(そのままでも問題なかったけど、後でBテンションボルトをテキトーに調整した。そうか、だから当初はBテンションボルトがめいっぱい締め込んであったのか。やっと理解した。けど調整後に変速性能が改善されたかどうかはいまいち分からん)。

13-25Tスプロケット ついたー。スプロケちっちゃくなったー!見た目スッキリー!ということよりも、ギアとギアの間に見える部分(スペーサー)が銀色だー!という点のほうが新鮮に思えた。今までろくに手入れもしてなくて汚れ放題だったので、ギアとギアの間は真っ黒だったのだ。むしろ、ギアそのものも黒っぽかった。

チェーンが少し長い? 歯数が変われば当然チェーンの長さも変わるし、どのくらい使ってるか分からないチェーンだからついでに交換しようとも考えていたのだが、まだ今にも切れそうなほど伸び伸びになってるわけじゃなさそうだし、予算もないので交換は見送り。MTBスプロケのときは、アウターロー(52T×32T)まで掛けらる長さを確保するためか、アウタートップ(52T×11T)にすると下側のガイドプーリーの位置が後ろ寄りになっていたが、今回、トップが13Tになったので、ちょっと鉛直に近づいた(ロードの場合はアウタートップでガイドプーリーが鉛直線上に並ぶ長さ、というのがチェーン長さのひとつの決め方)。あと1リンク短くするとちょうど鉛直になりそうだけど、えー、1リンクだけ切るのー?めんどくさいー、という理由で、そのまま使うことにした。ま、走ってみて問題なければそれでいいや。

■使ってみて
走り出して、変速してみて、びっくり。今までの超ワイドレンジに比べたら無段階変速かと思えるくらい、滑らかにつながっていく。ついつい無駄に変速を繰り返してしまう。

ひとつ気になっていたのは、14-25Tではなく13-25Tにしたため、中央のギアが一番よく使っていた18Tではなく17Tになり、一段ロー側にすると19Tまで飛んじゃうことだったが、結果としては特に問題なし。17Tでも違和感なく走れる。というか、18Tより17Tの方が平地では自分に合っているのかもしれない(まだ分かんないけど)。17T→19Tの差も、18T→21Tの差に比べたら存在しないも同然で、全く気にならない。ハイ側は、これまでは18T→16Tで急に重くなるのをやりづらく感じていたが、17T→16Tなら自然にケイデンスを維持できそう。

あとは、普段走りうる限りで一番きつい坂道がちゃんと登れるかだが。最近走ってないなぁ。


なんて、地震で家具がずれたり本やCDが落ちたりしていつもより散らかった部屋を放置して急に必要になったものを買いに行くついでにちょっと試走なんていう暢気なことをしているときは、まさかこんなに大きな災害になっていたとは思いもしなかった。犠牲者の方のご冥福を。被災者の方にお見舞いを。

関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。