スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プントに147のシート

流用第一弾。プントに147のシートポン付け北━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

プントに147のシートポン付け

フィアットプント(3HB)にアルファロメオ147(5HB)のシート付いた。同じフィアットグループというだけで、ブランドも違うしセグメントも違うしドア数も違うんだけど。

といっても別にアルファのシートが付けたかったんじゃなくて、プントのシートを加工してみたくて、加工してる間も運転できるように147のシートを借り付けしただけ。

プントのシートをローポジション化すべく色々調べていると、プントと147とは社外シート用シートレールが共通らしいというとこが複数のところに書いてあって(違うよという情報もあったが)、じゃあ純正シートも互換性があるんじゃねえの?という発想から、画像を調べてみると確かに取付部の形状とか同じっぽい。とにかくやってみよう精神で確証ないままやってみたら、ついた。

シートレールの取付金具形状・ネジ穴位置はまったく同じ。プントも147もシートレールに対してシート自体の位置が内側にオフセットされているが、取付後のシートのセンター位置もどうやら同じ。座面高は…(どちらもめいっぱい下げた状態で)ほとんど同じだけど若干高いような気もしないでもない。メーターの視認性は変わらないから、座面の角度の違いとか、ホールド感の違いからくるものかもしれない。サイドエアバッグ配線のコネクタ形状も全く同じ。エアバッグ警告灯もちゃんと消える(作動するかどうかは側面衝突されてみないとわからん)。シートベルト警告灯配線のコネクタ形状が違うという地味な問題はあったものの、私のプントは過去にシートを交換されているようで配線がいぢられているので、その際にコネクタを交換されているのかもしれない。シートベルト警告灯が点きっぱなしになるのかぁ…まあそのくらいはいっか、ということで接続しないままにしたら、何のことはない、「常に消灯」になっただけだった。4点式シートベルト等を使う場合も、キャンセラーとか使わなくてもコネクタ外すだけでいいらしい。

147の中でも一番安い(たぶん)グレードのシートなので、ランバーサポート調整もないけど、シート自体はさすがアルファという感じで、当初はあまりの座り心地の良さにそのまま147シート定着か!?と思われたが(現実的には、5HBのシートにはシートバックをパタンと倒すレバーがないので、後部座席へのアクセス性が悪くなりすぎて不可)、サポートが見た目よりいいのはいいけど、太もものサポートがきつすぎる(座面の横方向の広さは驚くことに147の方が狭い)のが気になって、結局プントのシートをベースに加工する当初の案が採用となった。スポーツ走行をするわけではないが…腰はしっかり支えて欲しいものの太ももから先はもう少し自由がほしい。

プントに147のシートポン付け2 シートのリフトレバーは同じような位置だけど、シートバックの角度調整ノブの位置が左右反対。プントは左側にあるのに147は右側。これに関しては、ドアを閉めてみて理由が分かった。右側にあると狭くて回しづらい。おそらくCセグメントの147はもうちょっと余裕が大きくて、右側でも問題がないのだろう。と、想像している。

ちなみに156もシートレールが共通のようです。ただしシートの左右位置は147のようにオフセットされていないので、ポン付けは無理。たぶん同じプラットフォームを使っていて、ボディサイズの差の分だけ147とプントはシートが内側に寄っているのだろう。…156と147って全幅そんなに違ったっけ。

追記。↑よくよく見たら、147と156は取付部位の形状がちょっと似てるだけで、オフセットの差だけじゃなくシートレールとか全く別物っぽかった。うーむ。

関連記事

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。