スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紺】シフター交換 ― RAPIDFIRE化

旧シフター SL-TX50-7R ハンドルバー延長のとこで書いたけど紺くんのシフターのレバーが邪魔だったので削ってみた。ら、「てこの原理」というのを考慮していなかったので、シフトダウンがものすごーく重くなった。これはイカン、どうにもイカン、ということで、パテで補修するかシフターを買い直すか…安い(750円)から買い直すかな、という感じになってたのだけど、よくよく調べたらSRAMのトリガーシフターにシマノ7速対応のがあるっぽい。試しにそれにしようか、でも値段が3倍以上するしどうしよう、と迷って更に調べてたら、シマノのラピッドファイヤーに7速用があるではないか。SL-M310-7R。価格も1,000円くらい。これで決まり!と早速注文。

これも本来はブレーキレバーより内側に付ける前提のものなのだけど、本体がわりとでかいので、ライザーバーだと色んな部分が干渉してどうにもこうにも取り付けできない。削ったりして済むレベルじゃない。一瞬諦めかけたけど、ブレーキレバーの外側だったらどうにかいけそうだったので、懲りずに今回もレバーを削って取り付けることに。

新シフター SL-M310-7R 赤い線のところまで削ってみまーす。と、旧シフターのレバーを削ったときのように軽い気持ちでグラインダーに掛けたら。中に金属の芯が入ってやがる。確かにアップ側のレバーは細いから補強が入っててもおかしくはないが、ダウン側は強い力が掛かるからかやたら太い芯が入っていた。これ、グラインダーなら別に削れるのだけど、何が問題かというと、削ってるうちに中の金属が加熱されて表のプラスチックが溶けちゃうんだな。というわけで想定外の苦労を強いられつつもカット完了、取り付け。途中の写真なし。

ラピッドファイアー化 こんな感じになった。まだちょっと邪魔だけど操作性を考えるとこんなもんじゃなかろうか。ちなみにこの後乗ってみたらアップ側のレバーも激しく邪魔であることが分かり、すぐにそっちもグラインダーで同じくらいカットしました。ダウン側のレバーも写真よりもうちょっと削りました。いい感じになりました。ちなみにこの位置に取り付けるとワイヤーアジャスターがハンドルバーに押し付けられる格好になるので回せません。アジャスターはディレイラーに付いてるからそっちで調整しましょう、ってことで。

■使ってみて
ラピッドファイアすげー。レバーを短くしたにも関わらず、シフトダウンの操作が圧倒的に軽い。それに、1クリックずつ操作すれば短いストロークでどんどんダウンできるし、レバーをぐいーっと押せば一度に3段飛び(中2段)まで変速できる。たった250円の価格差でここまで違うとは。これはほんとすごい。もう昔のには戻れませんな。けどSRAMは親指だけでアップ・ダウン両方できるんだっけ。その方がいい点もありそうだけど比べてみる機会がない。

RAPIDFIREの読み、ラピッドファイヤー/ラピッドファイアー/ラピッドファイア。わざと表記ゆれさせてみた。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。