スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撫】ケイデンスメーター CC-CD200N

CATEYE ASTRALE(アストラーレ)8 CC-CD200N


CC-CD200Nしばらく乗ってるうちにケイデンスメーターが欲しくなって、買ったのがこれ。CATEYEのCC-CD200N。これまではスピードのみのワイヤレスモデルを使っていて、次もワイヤレスをとも思ったが、センサーの不具合に悩まされて買い直したりあまり良いイメージがなかったのと、安いから、というだけの理由でこのモデルにした。


けど、本当にこれにして良かった!と心の底から思えたのは、上側のでかい部分に表示するのをスピードとケイデンスとで切り替えできる機能。上にでっかくケイデンス、下に小さくスピードを表示できる。考えてみれば、ケイデンスメーターって車でいうレブカウンターというかタコメーターみたいなもんなので、スピードより断然重要度が高い。見やすい位置に表示できて然るべきではないか。初心者ならなおさらである。今までそもそもナシで走ってたなんて…。


CC-CD200Nの配線取り回し後輪とペダルと両方にセンサーを付ける必要があるけど、なるべくスッキリさせるべく、両方のセンサーをごく近くに設置してみた。各2本ずつ使うナイロンタイは、1本を共有としている。センサーが近すぎて誤作動するか?と思ったけどさすがに平気みたい。あと、クランクにタイを回すのは見た目的に野暮ったいので、両面テープと接着剤で固定。セメダインスーパーXゴールドを使ったから、たぶんおそらく絶対落ちないと思う。あと、外す時もそんなに大変じゃないと思う。


ケイデンスメーターを付けて、世界が一気に広がったのを感じた。これは街乗りとか関係なく、すべての自転車に付いているべきだとさえ思った。まぁ、スピードメーターが付いてて、ギア比が頭に入ってれば計算で出せるのだけど…。「ロードは70~90」という漠然とした知識しかなかったから、最初は75くらいをキープするようにしていたが、実はギアをもっと軽くして95くらいでキープした方が楽に走れるのに気付いたのは、使い始めて数ヶ月後のことであった。


スピードメーターだけの時は、絶対的なスピードにこだわりすぎて無理してバテていた(街乗りなのに)。スピードに惑わされず、自分に合ったケイデンスを意識して走ることが、結果的に自分の実力内で速く走ることにつながる。けど、今度はケイデンスを意識しすぎるあまり、エンジン(自分)がオーバーヒートを連発してしまうわけだ。こうなると、今度はハートレートモニターが欲しくなってくるんだな。そして、それを使い始めると、また世界が一気に広がるんだろうな。…いや、そもそもそんなスポーツ志向じゃないんだけど。あくまで移動手段兼街乗りレベルで走るのを楽しんでるだけで。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。