スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPDデビュー

自転車に乗る上でいつかは踏み込まなければならない道のひとつ、ビンディングペダル&シューズに挑戦。


といっても、本格ロードバイクでもないし、街乗りしかしないし、となるとバイクを降りてからの使い勝手が優先されるし、何よりナディに最初からついてたペダルがSPDだったから、SPD-SLじゃなくてSPDで。


SPDシューズ
購入したのは、SIXSIXONEのSPDシューズ。これなら、よっぽど詳しい&目ざとい人じゃない限りSPDであることを見破れないはずだ。普段着との相性も問題なし。このままコンビニ行こうが百貨店で買い物しようが全く何の違和感もない。


SPDクリート位置
クリートはとりあえずお古の使い回し。位置はよく分からんのでとりあえず母指球を基準として「ここかな?」という位置で合わせて乗ってみた。そしたら、右足はいいんだけど左足がなんかペダリングしにくい。なんかペダルの軸がつま先に寄りすぎてる気がしてならない。初心者だし慣れてないせいかとも思ったけど、どうにもおかしいので、左足だけ少し踵方向に動かすことに。画像では4mmくらいずらしてあるけど、今度はペダル軸が踵寄りすぎるように感じる。ので、2mmくらい戻してみたら、ドンピシャ。その後500kmくらい走ったけど、やっぱりこの位置だ。


左右で位置が違うなんて、と最初は思ったが、そもそも足の大きさが左右で違うんだから考えてみれば当たり前のことだ(私の場合は5mm近く違う)。それにシューズの精度的に、同じ(ように見える)位置に合わせたら左右同じになるとは限らないし、靴の中で足がうまく納まる位置が左右で違うかもしれないし、他にも要因は色々考えられる。にしても、クリートの位置は1mmでもずれてるとはっきり分かるもんなんだなぁ。


ちなみにそれは前後位置の話だけであって、左右位置はめいっぱい内側寄りにして終了。それでもまだクランクとシューズにちょっと隙間があるから、動かせるならもっと内側にしたい感じ。上の画像だと左右で違うように見えるが、ソールの切り抜きの穴の位置が左右でずれてるからで、クリート自体の左右位置は同じ。角度は、ほぼ足がまっすぐに向くようにして終了。左右差もない。普段の歩き方からしてガニ股でも内股でもないので、特に違和感もないしこれでいいだろう。


あとは慣れていくうちにどう変わっていくか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。