スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【紺】Halo Hex Key Skewer

Halo Hex Key Skewer


紺くんは前後クイック仕様だが、街乗りにクイックは不要ということで、六角レンチで締めるタイプにしてみた。国内価格は1,680円らしい。


Halo Hex key Skewersとりあえずものすごーくスッキリしました。ノーマルのシマノクイックは鉄だから錆びてたし。これで盗難防止効果も期待できる…と言われるが、自転車が分からない人は例え出来心を起こしたとしてもVブレーキを開放してクイックを緩めてタイヤを外す…なんてことまでしないだろうし、自転車が分かる人だったら六角レンチくらい持ち歩いてるだろうから、あまり意味ないのではという気がしないでもない。まあ、盗まれるほど大層なホイール付けてるわけじゃなければどっちでもいいだろう。


ノーマルのクイックと比べると取り付けの際の注意点。これ、ナットの内側を見てみると、ノーマルには中央に“逃げ’があるのに、Haloのは全くない。


ナットが斜めについちゃってますだから、テキトーに締めてると、中のコイルスプリングを噛んじゃって、こんなふうにナットが斜めに装着されてしまうことも。シャフト曲がっちゃったか?と思ったが、ちゃんと締め直したら問題なかった。ほ。締め付けトルクが「約7ftlbs」と指定されているが、だいたい1kgf・mくらいだよね。20cmのアーレンキーで5kg。そんなに弱くていいのか。まあ、アルミナットだし。なんか今まで色々と他のところも締めすぎてる気がする。


ところで、これフロント100mm、リア135mm用となってるけど、ミニベロ7に装着したところ、リアはだいたいちょうどいい感じ(ネジが少し引っ込んでる状態)、フロントはネジが長すぎて出ました。たぶん3mmくらい。「130mmのロードだと少しネジが出るけど使えるよ」とか無責任なこと書いてるショップもあるが、製品には「ネジが2mm以上出ていない状態にすることをおすすめしますよ。じゃないと自分自身や周囲の人がケガする危険があるよ」と書かれている。確かにネジが出っ張ってるのは危ない。ちゃんと切りましょう。ということで、フロントはナットとツラツラになるくらいまでカットしました。カットしたところから錆びそうだな。


このスキュワーにはコイルスプリングが1個しか付属していない(シマノのクイックは両側についている)。上の記事書いてるときは全く気付いてすらいなかったが、この1個しかないコイルスプリングは、レンチを差す側(車体左側)に付ける構造だった。だから、ナットの内側にスプリングの「逃げ」がなかったのか。レンチ差す側には普通にちゃんと「逃げ」があった。気付くの遅すぎだろ。我ながら何と観察力のない人間なのだろう。反省。


んで、上のナットが斜めになっちゃった状態で、やはりシャフトのネジ部が曲がってしまっていました。ということが半年後くらいに判明しました。軽く修正しておきました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。