スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プントのスタッドレスタイヤ選び

あくまで仮の話だけど、プントにスタッドレスを導入するならどうするか。最近はアルミホイール付き販売が主流だけど、さすがにPCD98とか言うと選択肢がほとんどないだろう。というか、使われずに眠っているノーマルホイールを活かさない手はない。というわけで、ノーマルの15×6インチホイールを使う場合の話。


標準タイヤは、185/55R15。ロードインデックスは81か82。標準外径は585mm。他に付けられそうなサイズを探すと、


  • 195/50R15(LI:82、外径:576mm)
  • 195/55R15(82、596)
  • 175/60R15(81、591)
  • 165/65R15(81、596)

あたりか。タイヤ幅は氷上性能を考えると広い方がいいけど、雪上性能を考えると狭い方がいい。けどホイール同じで外径を変えずに幅を広くする=扁平率ダウンなので、15インチだとそもそもサイズ設定がなくて選ぶ余地がない。LIが不足しない範囲で探すと、このくらいしかないっぽい。外径がちょっとでかいのが多いけど、冬の路面状況を考えると、車高が高いに越したことはないので、タイヤハウスのクリアランスさえ確保できるならその方がいい。ま、チェーン装着はまず無理でしょうが。


タイヤ外径を大きい方に変えちゃいけないとか未だに言ってる人もいますが、ブリジストンの「BLIZZAK REVO GZ」の特長を見てください。新設計「スリム&ロングコンタクト」が、SNOW、WETに効くんだそうです。「接地長のロング化」ってあるけど、(もちろん適正空気圧でのショルダーのたわみを大きくとったとか何か工夫はされてるかもしれないけど)これってタイヤ外径を大きくしただけでしょ。実際、サイズ表を見てみると、タイヤ外径が同一サイズの他のタイヤに比べておおむね数ミリ、場合によっては1cmくらい大きい。1cmって言ったら50扁平のタイヤで幅を1サイズ変えたのと同じ差です。こうなってくると、「呼び」の上での同じサイズにこだわるのは更に無意味です。まあ1cmって言ったら新品タイヤと3分山タイヤの差くらいのもんですが。大したことはない。


で、結局のところ標準サイズに勝るものはないのだが、価格を考慮すると…。185/55R15だと4本で5~7万円でしょ(アジアタイヤを除く)、165/65R15だと3~4万円。この差はでかい。ホイール幅も適応範囲だし、LIも足りてるし、外径が大きくて幅が狭い=スリム&ロングコンタクトが達成できてる(接地面積は減るかもしれないので注意)し、やっぱり165/65R15が一番ではないか?…タイヤハウスに当たりさえしなければ(未検証)。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。