スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撫】ディズナ ジェイフィット

Dixna J-FIT

ハンドルが遠い。ステムを短くしようとも思ったけど、ハンドルを替えるという手もあるかなと色々調べていたら。何のことはない、シャローとアナトミックの違いを理解していなくて、ブラケット上がフラットになるように無理矢理調整したからブラケットが設計より遠くなってしまったというオチでした。直すとなるとバーテープ巻き直しになるし、やっぱりブラケット上は平らな方が何となく気分的に好きだし、ハンドル変えちゃえー!となりました。

Dixna J-FIT 初心者に一番適してそうだということで選んだ「J-FIT」。中古。日本人(ジャパニーズ)にフィットするから、というあまりにもあんまりなネーミングは気にしないことにしよう。調べたところによると、肩の部分の曲がりがきつすぎて、ブレーキワイヤーの取り回しが悪いとか。そこで、ワイヤーが通る部分にうまくスポンジを挟んで、ワイヤーの曲がりがきつくなりすぎないようにしてみた。見た目も自然になったし、肩の部分が若干太くなるので、握りやすさを考えても良い考えだったと思う。まあ肩の部分を持つことなんてほとんどないけど。

シャローハンドルを間違ったセッティングで使っていた状態から、J-FITに替えたことで、ブラケットの位置が3cmくらい手前に来た(もしシャローハンドルを正しく使っていたとしたら、ブラケット位置の移動距離は1cmくらいだった)。乗ってみてびっくりした。例えるなら、以前のポジションで走ることは険しい岩山を素手で登るかのような過酷な道だったが、交換後は天気の良い日にオープンカーでのんびりとワインディングを走るかのよう。ありえないくらい楽ちんなのに圧倒的にスピードも出る。ああポジションってこういうことなのか、と。バーテープを巻く前に試走してブラケットの位置を微調整したりしたので、ブラケットの形状が手に自然になじむ。バーテープ巻くのも2回目だが前回よりちょっとだけうまくなった気がする。

ハンドルが近くなって上半身に余裕ができた分今度はハンドルが高く感じたので、スペーサーを移動してハンドルを1cm下げてみた。より自然になった。アヘッドステムっていうのはハンドルの高さ変える度にヘッドパーツのベアリングの調整をし直さねばならんという点が初心者的にドキドキものなんですが。慣れるしかないですかね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。