スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフラーに穴3

二度目のマフラー修復を終えて再度復活したベスパで走ること数回。しばらくは無事だったけど、やっぱりよく見たらパテがふくらんできてて、そうこうしてるうちにまた黒いオイルが染み出してきてしまった。2ストの排気圧ってかなり高いって聞いたし、オイルたらたらなのでパテが持ってくれないのだろうか。

で、実は当初から考えていたアイデアを試してみることにした。マフラーの穴に、パテを塗ったタッピングをねじ込んで、その上からパテを盛るという。これで直接的に排気圧でパテが押されることはないし、排気漏れもまず起きないだろう。これでダメだったら溶接するしかない。なんで最初からやらなかったかというと、ガレトミであまりおすすめされなかったから。穴の周囲の鉄板が弱ってた場合なんかに、予期せぬトラブルが発生しないとも限らないし。

で、写真撮ってないけど六角フランジタッピングビスを打って、その周囲を囲むようにパテを盛って、今度こそ完璧だと思った。実際、この後しばらく何も起こらずに乗れるのだ。が、しばらく乗ってたらまたトラブルが発生することになる。

未来のことを書くと。前々回と前回はパテの端から黒いオイルが染み出してきたのだが、今回は、白い何かが染み出してきた。どうも雰囲気的にパテが水で解けたものっぽい。水溶性パテとはいえ、表面にはもちろん耐熱塗料を塗ってるし、なんで内部から溶け出すんだ?謎だ。

実際そのままの状態でけっこう走っているが、別に問題はない。排ガス自体は漏れてないっぽいし。でもいずれは何かが起きそうだし、最後の手段、溶接に手を出すしかないかなと思ってるところ。ユーロ~でやってくれるそうなので。けどそれだったらマフラー買い換えた方がよくないか?元々中古の怪しいマフラーだし。サイフと相談ですね。あ、ダメだそうです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。