スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイックシフト化

プントは乗車姿勢が乗用車なので、どうしても着座位置が高い。だけならまだしも、シフトレバーが低い&遠い。バルケッタから乗り換えたらそりゃそう感じるわなと思ったが、不満は日に日に増すばかり。シフトレバーをほんの少し延長したりオフセットしたりしていたけど、根本的な解決にはならず。あんまりシフトレバーを長くするとストロークが長くなって文字通り船を漕いでるみたいな感じになっちゃうし。

じゃあクイックシフター(ショートシフター)を入れた上でノブを延長すればよいのでは?ということになり、調べてみると。国内にはどこにもなかったが、海外にはあるじゃないか!プント用ショートシフター(プントI&II全グレード共通ってのがちょっと怪しいが)。早速注文し、待つこと数日。「メーカーがもう作ってないので手に入りません」の返答。だったらオンラインストアから削除しとけやゴルァァ!

失意が却って情熱に火をつけてしまい、ノーマルを元にユーロ~で加工してもらうことに。やってみるまで予算が読めないので冷や冷やものだったが。当初は、またノーマルに戻せるよう、ノーマルの中古パーツをベースに加工するつもりだったが、構造上の問題と予算の関係で直接加工してもらうことに。

一般的なクイックシフトは、ロッドの下側を延長すると同時にピボットの位置を同じだけ上にずらすというものだが、いざプントの構造を調べてみると、ピボットのあるシフトボックスはセンタートンネルの裏側から嵌まってるので、マフラーを外してフロア側からアクセスしないといぢれない上に、ボックス自体がセンタートンネルの裏側に直接固定されている&樹脂製のため加工は無理なので、ピボット位置を上にずらすことができない。雲行きが怪しい中、どうにかこうにかお願いして加工してもらった。

クイックシフトforプント シフトロッドの下側をただ延長するだけではなく、ロッドの下側にナットとボルトを溶接して、長さを調整できるようにしてくれた。これはすごい。つまりノーマル相当にも戻すことができるという。ボックスのフロア側のフタまでのクリアランスの関係で、ノーマル比30mm弱までしか延長できん。というかそこまで延長すると、ピボットの位置が移動していない関係上シフトのアウターケーブルの位置との落差が大きくなりすぎるので、アウターケーブルが固定されている位置も若干下に移動している。

更に更に、「ノブが遠い」悩みを解消するため、シフトロッド(室内側)を微妙にクランク状に曲げ加工してもらい、自分に近づけてもらった。中空なので曲げ加工は難しいのに…。ちなみにショート化したのは前後のストロークのみで、左右のストロークはいぢってません。構造上いぢるのは難しいっぽい。元々前後と比べて長くないし。

で、めいっぱいショート化した結果、ストロークはノーマル比で40%弱短くなりました。ノーマルのシフトノブで乗ってみると、ものすごくダイレクト感はあるのだけど、さすがに重い…。元々怪しい中古車だし、私の下手で荒い運転でシンクロがだいぶ傷んでるのかもしれんし、元々なのかもしれんが、ちゃんと回転合わせてシンクロを労わる運転をしたい人にうってつけの仕様になりました。

シフトレバー鬼延長後 で、ショートストローク化は本来の目的ではなく、シフトレバーを延長します。プントのノブはネジ式じゃなくて差し込み式でロッドの直径は10mmくらい、スプラインが1本入ってます。M12のシフトノブやロッドエクステンダーを差すとちょうどはまるのだけど、固定できません。が、1/2インチのナットだとぴったり止まる。そこで、ホームセンターで1/2インチ→M12変換ネジなんてのを買ってきて、1/2側(ナット)をロッドにねじ込み、M12側(ボルト)をダイスで細目に切りなおし、M12のノブをはめると、あっという間にシフトレバーの延長が完了。

120mmくらい延長したところで、ようやくノーマルと同じストロークになった。当然、シフトの重さもノーマル相当に戻った。ストロークはノーマルのまま、ステアリングから手を落とすとすぐ横にシフトノブがある、理想的な状態がついに完成。左右のストロークはちょっと長いけど、まあ気にならない範囲。ノブはM12×1.25が使える強みで、色々付け替えて試しているところ。やっぱり球状が良さそう。ラリーだと白いジュラコン?製が定番らしいが…まあスポーツ走行するわけではなく自己満足なので。

で、予算は。あれこれ加工費全部込みで、「海外からポン付けのショートシフターを格安で仕入れる金額+それを取り付ける工賃」くらい、下手するとそれより安く済みました。(仮に存在したとして)シフターを国内で買ったらそれだけで予算オーバー。ユーロ~に感謝。

あ、エアコンとか、下側に移動しているオーディオが操作しづらくなったという難点はあります。けどそれは織り込み済みということで。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。