スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフラーのステーがもげる

某高速道路。よりによって連休のUターンラッシュがまだ残ってそうな日の夜に東京方面へ。その先の渋滞を前に、どーせ早く着けないのならと、Fサービスエリアでのんびり休んでいた。サービスエリアを出るとき、メーカーも名前も分からない旧いクルマが走っていた。追い抜いた。

今回は果敢にも渋滞に挑むぞ!と思っていたが、いざ渋滞の後尾が見えると、急激に気分が萎えてすぐ手前の出口で降りてしまった。渋滞を進んだ方が時間的には早いんだけど、どうもね。

O峠の手前では暴走するトラックの後ろについて、その暴れっぷりに感嘆していたが、O峠に入ると激・遅い車の後ろについてしまい、イライラが限界。けど追越禁止なのでどうしようもない。どうしようもない気持ちで走ってると、時折車体の外側からカラカラ音が聞こえるのに気付く。ようやくO峠エリアを抜けて片側2車線道路に出て、遅い車の前へ出ることはできる。けど制限速度があるのでどうしようもない。あいかわらず時々カラカラ音が聞こえる。路肩に車を停めて外周をチェックするも異常を発見できず。

一度は高速を降りちゃったもののやはり早く着きたいと思い、Hインターからの区間は渋滞していないみたいだったしどうせ別料金だから、再度乗るのもいいかもと思いHインターへ向かう。高速に入る直前で、路面の中央部分が盛り上がってるところを走るとカラカラ音が鳴ることに気付く。再び路肩に寄せて車の下を覗き込んでみると…。

ぶら下がりマフラーステー

なんかぶら下がってる。マフラーのセンター付近のステーだ。ステーの金具がフレームから外れて、マフラー吊りゴムでぶら下がった状態になってる。路面とのクリアランスは1cmくらいしかない。カラカラ音の原因はこれだった。しかし真夜中にこんな街外れでどうしようもないので、落ちないことを祈りつつ高速へ。高速道路のほうが路面がフラットなので、カラカラ音がしないという現実。渋滞もなくなった別料金区間を快調に飛ばしていると、Fサービスエリアを出るときに追い抜いた、メーカーも名前も分からない旧いクルマが走っていた。追い抜いた。渋滞を抜けてきたのだろう。下道を走っても渋滞を走っても所要時間はさほど変わらないことが分かった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。