スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vブレーキとカンチブレーキ

初心者の疑問。

「Vブレーキ」というのはシマノの商標で、一般名称はリニアプルブレーキまたはダイレクトプルブレーキというらしい。分類としてはカンチブレーキの一種、ということになっている。けど最早世の中的にはVブレーキと言わないと分からないし、Vブレーキと言えばカンチの一種じゃなくて独立したブレーキの種類、という認識になってるでしょう。

カンチブレーキとロード用キャリパーブレーキは同じレバーで使えるとされている。しかしVブレーキはレバー比が違うので、ブレーキレバーも専用品を使わないといけない。Vブレーキの方が、ワイヤーをたくさん動かさないといけないので、Vブレーキ用のレバーはレバーの引き量に対してワイヤーの動く量が大きい。

じゃあこの組み合わせを守らないとどうなるのだろう。カンチブレーキ用のレバーでVブレーキを引いた場合、レバーを普通に引いてもブレーキ側が十分に動かないので、本来の制動力が得られない。場合によってはレバーをめいっぱい引いてもブレーキがちゃんと利かないということも起こり得る。それを解消するためにシューをリムに当たるギリギリに調整すると、調整自体も大変だけど遊びがない分ブレーキの利きはじめの位置がシビアになるかも。それと、より軽い力で引けることになるので、感触が分かりにくくなってコントロールしづらくなる可能性もある(ようするに利きすぎる)。逆にVブレーキ用のレバーでカンチブレーキを引くと。レバーを少し引いただけでブレーキ側が大きく動くので、これを利用してシューとリムのクリアランスを広く取る(泥詰まり防止?)こともできるかもしれないが、レバー側のてこ比が変わるので、同じ制動力を得るためにはより強い握力が必要になる(ようするに利きが悪くなる)。個人的な感想からすると、カンチはもともとガツンと利くタイプではないので特に問題はない気がするのだが握力に自信があれば…。

…と思うのだけど、ネット上には異なった意見もあるようで。どうなってるんでしょう。意見求む。

で、そんな中、レバー比を調整できるブレーキレバーや、少ないストロークで動かせるショートアームVブレーキなんてものもある。これらはどうなの?

Avid Speed Dial 7
これはダイアルを回すことでレバー比をほぼ無段階に調整できるというレバー。ネット上では「Vにもカンチにも使えます!」と書いてある場合が多いが、説明書には「ディレクトプルブレーキ専用。適合に関してはプロに聞いてね」と無責任なことが書かれている。どっちなんだよという話だが、見たところダイアルをめいっぱいソフト側に調整した際のレバー比は、カンチ用レバーと同じくらいになってるみたいなので、両方に使えるというのが正解。ん?じゃあ、Vブレーキとこのレバーの組み合わせで使って、ダイアルをめいっぱいソフト側に調整したらちょうどよくなった、ということが仮にあったとしたら、Vブレーキとカンチ用レバーの組み合わせ万歳という意味になるのではないか。

TEKTRO RX3
これはメーカーが「ミニV」と呼ぶ、Vブレーキのアームを短くすることでSTIやカンチ用レバーでも引けるようにしたブレーキ(当然ながら通常のVブレーキより利きの良さ・引きの軽さともに劣るはずだが、どう考えてもカンチよりは利くだろう)。ということはカンチ用レバーと組み合わせて使えばいいはずなのだが、某店で聞いてみたら「ショートアームでもVはVだから、Vブレーキ用レバーを使ってください」と言われた。更に、某ネットショップでは、専用レバー(下記)との組み合わせで使ってください、と書かれていた。意味が分からん。

TEKTRO RX1.0
某ネットショップによると、ミニV専用のレバー(通常のVにもカンチにもキャリパーにも非対応)らしい。が、メーカーサイトを見ると、「ミニVまたはキャリパーブレーキ用」とはっきり書かれている。レバー比が書いてないが、キャリパーに使えるのならカンチにも使えるわけで、ということはミニVとカンチとキャリパーは互換性があり、いずれのブレーキもSTIやカンチ用レバーで引けるという結論になる。

しかしネット上では、ミニVとSTIの組み合わせは完全じゃない的な話も出てたりして、結局互換性に関しては疑問符が取れない。けどこれって、互換の問題より、それぞれのブレーキの特性の違いからくる話の方が大きいんじゃないだろうか。カンチブレーキは、握力で利かせるタイプ。いわばシトロエンみたいな感じ。対してVブレーキはストロークで利かせるタイプ。恥ずかしながらキャリパーはちゃんと乗ったことがないのだが、たぶんどちらかというとカンチに近いと想像してます。で、利く利かないの差は置いといて、カンチに慣れた人がVブレーキを使うと、シューがリムに当たった時の、カツンとレバーが止まる感触がないので、タッチがフニャ~っとしていると感じるでしょう。さらに、そこから握り込んでいってもレバーが硬く(重く)ならなくて、かと思ったら突然利いてくるので、ピーキーな印象を受けて扱いづらさを感じるでしょう。当然ストロークも長く感じるはず。逆にVブレーキに慣れた人がカンチを使うと、レバーがカツンと止まるところまで引いてもブレーキが利いてこないので、利かないブレーキだと思うでしょう。でも、そこから握っていくことで握力に応じて徐々に利いてくるので、コントロールはしやすいと感じるかもしれません。まあ実際にはVブレーキと比べて絶対的に制動力が弱すぎて印象も何もないと思うけど。

Vでもカンチでも、シューの上下位置をかなりの幅で動かせるようになっている。フレーム毎にリムの位置が違うからだ。でもこれを動かすと、当然レバー比も結構変わってくる。それを考えたら、カンチとVのレバー比の差なんてそれほど大きな問題じゃないのではないか。フレームの構造や感覚の違いによって、うまく調整すればカンチ用レバーでVブレーキが使える場合もあれば、STIでミニVがいまいち合わない場合もある、ということなのでは。

以上、素人の机上論でした。これから実際に試してみます。


言ってることがおかしい気がするので一部修正しました。が、根本は変わっていないので素人の戯言なのは変わりません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。