スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・チャンバー入れた

シモニーニのチャンバー

Simonini(シモニーニ)のレーシングチャンバーをしばらく使ってみた感想。ちなみにその他の変更箇所(走りに関するもののみ)は…Polini 1XXccキット、ポート切削加工、レーシングクランク、ノーマルキャブ加工(吸気効率アップ)、ストレート歯のプライマリーギア、強化クラッチ、Bituboサスペンション、アルミホイール、等。

上記のような状態で、マフラーがノーマルマフラー改(排気効率アップ加工済)だった時は、2速全開メーター読みで67km/hくらいまで引っ張れていた。けど、60km/h超えるあたりからは「ただ回ってるだけ」という感じで、トルク感がまるでスカスカ、明らかに落ちてるのが分かった。実際、3速、4速だと力が足りないようでそこまで回りません(多分)。ところが、Simoniniチャンバー入れてから(ジェットの番手が少し変わっただけで他はそのまま)、2速全開で70km/h超まで、極端にトルク感が落ちることもなくしっかり回るようになった(もっと引っ張れるかもしれないけど、それ以上は怖くて回せません)。その代わり、低回転の吹け上がりはそれなりに落ちた。上が回るようになったから余計そう感じるのかもしれないけど。4速で50km/hくらいからスロットル開けても加速しないので、街中をタラーっと流してるときでも頻繁にシフトダウンする必要がでてきた。まぁ、使い勝手が悪くなったというより、更に楽しくなったとの解釈もできるが。ただ、50km/h台で流してる状態から追い越し等で本気加速をしようと思うと、2速まで落とさないとダメ。そのくらいパワーバンドが狭く、上に移動しました。ET3は3速までクロ(ー)スレシオらしいけど、そうでもなければピーキー過ぎてお前にゃ無理だよ…じゃなくてマトモに使えないかもしれん。ちなみに4速どころか3速の全開も試してません(怖いので。…警○が)。そんな感じだけど、1速でパワーバンドに乗るまでのどうしようもないもたつきを我慢すれば、アドレスV100どころか、うるさいだけのマフラー付けた250ccスクーターにも負けないくらいの加速力です。やっぱり入れて良かった。どうせ街乗りじゃトップスピードなんて関係ないし、次にエンジン開けるときはプライマリーギア変更するかなぁ。よりローギアードに。

というわけで性能面に不満はないのだが、如何せん音がうるさい。こいつは中古なので取付時にサイレンサーを掃除してもらって、その際グラスウールにガレトミスペシャル加工をしてもらってるので、比較的静かで、かつその状態が長持ちするようにはなってるはずなのだけど。やっぱりうるさい。アイドリングの回転数をギリギリまで落としてるので、アイドリングは許容範囲、というかかなり静か。排気口から聞こえる「パンパンパン」とキレの良い音は良いのだが、低回転時にそれと併せて聞こえる低音域の「ボゥォ~」って音が野暮ったい。高回転時は、まんま小排気量の2ストレーサー的な「ペェーーーーン」という音で、上品ではないけどまあこれは仕方ないでしょう。…かな。

しかし人間というのは不思議なもので、しばらくするとその音にも慣れて、それほどうるさいと思わなくなってくる。「ちょっとウルサイくらいがいいな」って思ってる人は、慣れるに従ってだんだん物足りなくなって、もう少しうるさくても…という感じで徐々にイケナイ道にはまっていくのだろうな、というのがよく分かった。自分で自分の香水の匂いがだんだん感じられなくなって、知らずのうちに「香害」を振りまく女性と同じかも。

--
ちなみにSimoniniに限らずレーシングチャンバーの中には排気口が横向いているものが多いですが、そのままだとアレに引っ掛かるので、公道走るなら出口の加工等が必要です(大幅な加工を加えるとチャンバーの特性自体が変わっちゃうけど)。こいつの場合、排気口を後ろに向けるとキックレバーから後ろ、クランクケースとかが排気でどんどん汚れていきます。これは困った…。あと、キックレバーとのクリアランスがほとんどないので、出口加工の難易度は高めかも。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。