スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペダル交換再び

プントは、右ハンドルのコンパクトカーとして考えればペダル配置はマシな方だと思うが、やはり右ハンドルのコンパクトカーであることには変わりないので、ペダルが若干左寄りだ。そしてやっぱり足元スペースが狭い。んでペダルとペダルの間隔を稼ぐためにペダル自体が小さい。購入時にはスパルコのペダルが装着されていたのだが、これが純正ペダルより幅が広いためにペダルとペダルの間隔が狭く、ブレーキ踏んだらアクセルも踏んじゃったよー的なてんやわんや感があって、それはそれでアレだったけどやっぱりアレなのでノーマルに戻したのであった。

それから半年。ある日、自分がブレーキペダルを足の中央で踏まず、親指の付け根あたりで踏んでいることに気付いた。ペダルが小さいので右足の右半分はペダルに全く乗っていないが、アクセルペダルにはかろうじて当たっていないというくらいずれた位置で踏んでた。

ということは、ブレーキペダルを右方向のみに拡張して幅広ペダルにすれば、車体側は無加工のままペダルのオフセットができ、不自然に足を曲げることなく堂々とペダルの真ん中を踏めるようになるんじゃないか。アクセルペダルを左方向に拡張しなければ、ペダル間隔が狭くなっても事実上操作性には影響しないし。そんな単純な思い付きから、新しいペダル探しに入った。まあ、純正に飽きたというのもある。

それで買ったのがNOKYAのペダル。日本では売ってないのかな?米国の自動車アフターパーツメーカー(専門はライトバルブ?)らしい。ステアリングに続いて、イタ車に米メーカーパーツ(製造国は不明だが)という邪道に挑戦だ。が、届いてみたら予想以上にデカい!何しろ純正のブレーキ/クラッチペダルの幅が50mmなのに対し78mm。これは付かんかも…と思ったが、大幅な加工の末(特にアクセルは面積の40%くらい削り落とした…汗)にどうにか装着できた。命を預けるパーツなのに金具で挟み込むだけなんて装着の方法はイヤなので、ちゃんと穴あけ加工してボルト固定です。ブレーキ/クラッチは、純正アルミペダルを下に挟んでなおかつこれまで通り上側ボルトにスペーサー入れて角度を立てた。アクセルは「再び」高さに差を付けるため純正アルミを取り去って装着。アクセルペダルはアールが全然合わない(純正はラウンドしてる。NOKYAは平面に近い)ので、上下どちらかのネジにスペーサー入れる羽目になるが、スペーサーの厚みを調整すれば角度を自在に変更できるので却って良いかもしれん。テスト走行の末、ワッシャーを上2枚、下3枚入れて、若干寝かせ気味にセット。

NOKYAペダル

さて、完成図。うわっ狭!!…けど各ペダルの左端の位置は変わってないので、間隔が狭いからといって操作性は特に変わってません。ブレーキペダルが右側に大きく張り出したことでアクセルを踏もうとしてブレーキ踏んじゃった~という可能性は…さすがにそれはない。逆に、ペダルがでかくなったからって何も考えずにラフな踏み方してると、ブレーキ踏んだつもりがアクセルにも足が掛かってましたーということはたまに起こるが、高さに差をつけてあるので本当にブレーキと一緒にアクセルを踏んじゃうということは起こりません。それでいてハーフブレーキ時のヒール&トウもやりやすいように調整されたアクセルペダルの角度、我ながら絶妙。狭いのはどうにもならんけど、足の移動量が減ると考えればスポーツ走行にも向いて…いややっぱりもう少しスペースが欲しいよなあ。あとフットレスト。

ノーマルペダルとの大きさ・位置比較

ちなみにノーマルとの比較。赤線がノーマルペダルの位置です。改めて見るとノーマルのペダル配置って結構左に寄ってるんだなぁ。これでポジションはかなり改善されました…気分的に。実際に足を置いている位置は全く変わってないんだけど。

■使ってみて
やっぱりペダルはスパルコが一番。あまりに滑るので雨の日に使えない点を除けば。…アクセルペダルだけスパルコに戻してみようかなぁ…。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。