スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーター球交換&いろいろ直し

ET3はメーター球が付いていて、ライトを点けるとメーターが光る。実にハイテク。が、納車後間もなく切れているのに気付き交換、その後も交換してすぐ切れちゃったこともあったりで、何度も換えていて、いつだったかまたメーター球が切れた時、もういいやと思って交換しなかった。あまりにも切れすぎるものだから出費を抑えるためと、切れてても別に実害がないから(街中だったら夜でもメーター見えるし、そもそも50sと100は元々メーター球なんてないし)という理由で。

けど存在を消し去ろうと思っていたわけではなく、またいつか直そうと思っていたわけで。そしてそのまま文字通り何年もの年月が流れてしまったが、ちょっと前に予備のバルブを買おうと物色していたときに、某店で6V3Wというメーター球を見つけた(通常は6V0.6W)。聞いてみると当然暗くなるけど切れにくくはなるという話だったので、それならばと買ってみた。その後面倒でしばらく放置し、よし自分で交換してみようと思ってメーター外したけどバルブの交換の方法がわからなくて挫折し、今回、交換方法の情報を仕入れて再チャレンジ。

メーターワイヤーの遊びにもよるけど、ヘッドライト下のメーター固定ネジを外してメーターワイヤーをフォーク側から押し上げればメーターが浮いてくるので、ワイヤー外さなくてもメーター球くらいは交換できます。ET3のメーター球はメーター本体の側面(右側)から差し込まれているのだけど、差込口のフタ(兼電極)の外し方がわからなかった。これ、モノによって違うかもだけど、私の場合は回転させてから引き抜くというものだった。でも回そうにも摘む突起すらないので、ラジオペンチでぐりぐり頑張ってみたのだけど、ほとんど動かない。そもそもどちらに回せばいいのかもわからない。5分くらい試行錯誤して、3回くらい諦めそうになって、でも諦めたらそこで試合終了…じゃなくて、もう一度メーター外すの面倒だし…というめんどくさがり根性から最後の気力を振り絞り、渾身の力で右に回したら「ぐるん」と半回転くらい回り、引っ張ったらやっと外れました。何のことはない、突起が1個あるだけだった。知恵の輪を目で解ける人なら見ただけで気付いただろう。何と無駄な労力を使ったことか。で、フタを取り除くと中にバルブが。見事に切れてました。

ET3メーター球交換

コードが出ている樹脂のフタ部分を(少し押しながら)右に180度くらい回して引っ張ると取れる。回すと言っても、表面がボソボソになってるだけでつまめる部分もないので困る(元々はあったのかもしれんが)。

構造が分かってしまえば装着は至って簡単で、何も考えずバルブを入れ、フタ電極を差し込んで左回りに半回転させてロック。完了。この時点でちゃんと点くかどうか、試しにエンジン掛けてみたのだが、点かない。というか明るい日中なので手をかざしても点いているかどうか分からない。けど点いてないっぽい。これで配線とかの問題だったら自分ではお手上げなので、もういいやと諦め気味になってメーターを元に戻した。この時点では素で気付いていなかったけど、メーターを車体に固定するネジがアースになってるので、メーターを元に戻さなきゃ点くわけないのであった。

それと前後して、日のあるうちにフロントバンパーの歪みを直し(たぶん購入時よりマシになった)、破れかかっているキー付きシートを純正シートに戻し、前日の転倒で微妙に歪んだレッグシールドを直し、粉々になったミラーを修理して取り付けた。ミラーは買い直すかなぁと思ってたけど、とりあえず走るために破片を集めて梱包用の透明テープでガチガチに補修したら案外いい感じになったので(ぱっと見は補修してあるなんて分からない)、当分(梱包テープが紫外線で劣化するなどで再びバラバラになる頃までは)このままでも行けるかなぁなんて思ったり。ちなみにレンズ(プラスチック製)は表面に薄いスリキズが付いたものの割れてません。レンズ割れてたらさすがに諦める。

ばっちり走れる状態になったので、ちょっと試走に行ってみた。驚いたことに、乗り心地がものすごく良くなった。何年も使ってるキー付きシートはウレタンがかなりヘタっていたのだろう。純正シートは納車時に張り替えてもらっており、間もなくキー付きシートに換えちゃったので、ほとんど使っていない。新品のようだ。気持ちヒップポイントも高くなったような気が。

そして日が暮れてきて、そろそろライトを点けてみる。しかし…。メーターのライトが点いているかどうかまだ分からない。しばらく走り続け、完全に日が落ちた頃に、やっと見えた。ぼんやり明るくなっているのが!ああ…やっぱりメーターが光ると感動する。数年ぶりだし、しかも今回は自分でバルブ交換したから感動もひとしお。ただ、分かっちゃいたけど、都内だと基本的にどこ走ってても明るいから、別にメーター球点いてなくても速度くらい分かるんだよね(明るい場所だと逆に点いてるかどうかの判別も不可能)。でもまあ今回は満足。いつかまた夜中に街灯もない山道を走る日に心のともし火となってくれるでしょう。3W球はさすがに暗いのか、ストール寸前のアイドリングだと暗い場所でもメーターの光はほとんど分かりません。けどメーターが光ってるのを見るの自体数年ぶりなので、0.6W球だともっと明るいのかどうかは不明。

メーターも見えるようになったことだし、完全に暗くなった某州街道を快調に飛ばしてたとき。中央寄りの車線を走って交差点を直進しようとしたら、右折レーンに並んでた白い軽のワンボックスが突然にゅいっと出てきた…!!きゃーっ!とパニックブレーキを掛けることもなく、すれっすれのところでひらりと左にかわして事なきを得た。走馬灯のように色々浮かんだりしなかったので、私は死ぬとは思わなかったらしいが、左車線にトラックでも来てたらぺしゃんこになっていたかもしれん。あるいは、光るメーターに見とれてたりして一瞬でも判断が遅れたら突っ込んでたかもしれん。

いくらベスパのライトが暗いからって、こいつはハロゲンバルブ入れてんだぞ。とかそういう問題じゃなく、二輪車を見落とすような注意力散漫な人間は四輪なんか乗る資格なし!二輪が見えるようになってから出直して来い!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。