スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCのアンテナ内蔵LED

プントにETCを取り付けた際、アンテナはメーターフードの中に隠した(メーターユニットの上に両面テープで固定)。これはネットで調べたら複数の人がやっていたので、マネさせてもらった。非常にスッキリして良いのだが、アンテナについてるLED(ETCカードが確認されると点灯する)が見えないのだけが気がかりだ。まあ、本体が運転席から見える位置にあるので、ちゃんと作動してるかどうかは本体のランプで目視確認できるので何の問題もないのだが。

ETCのアンテナ内蔵LED そこで、メーターフード手前のパネルに穴をあけて、インジケーターの光が見えるようにした。といっても、アンテナ自体はメーターフードのわりと奥の方にあるので、直接では光は見えない。そこでどうしたかというと、オーディオ用の光ケーブルを使用しました。特に加工などはせず、アンテナのLEDにケーブルをまっすぐ押し当てて両面テープで固定し、反対側のケーブルの端がパネルの穴からちょこっと覗くように両面テープで固定。以上。アンテナに押し当てる側は光角端子をそのまま固定。見える側は光丸端子をそのまま使ったので、ランプの周囲がメッキで縁取りされてるかのような仕上がりになりました。

しかし、さすが光ケーブル。ETCアンテナから30cmくらいの距離をぐるーんと経由してメーターフード前面に届く光は、日中でもはっきり視認できる明るさです。このくらいならほとんどロスしてないんじゃないだろうか。

ちなみに、パネルに穴をあけるのには抵抗があったので、中古パーツを手に入れて、そいつに穴あけました。いつでも元に戻せるように。けど、この仕上がりならもう元に戻す必要はなさそうだ。

あ、ひとつ補足。このランプの位置は、ノーマルステアリングだとまず間違いなくステアリングに隠れちゃって見えません。34cm以下のステアリングで、チルトを一番下にセットした場合にステアリングの上にちょうど見える設計です(私の座高の場合)。

…いや、ノーマルステアリングでチルトを少し上げればステアリングの内側に余裕で見えるか。そもそものステアリング位置が高すぎて、チルトを上げるという発想がなかったので考えてもみなかった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

inne

Author:inne
 

登場人物
147
ポコ
プント
バル
【紺】紺くん
【凸】凸守
【チ】チネ夫
【み】三毛
【撫】撫肩号(ナディ)
【ミ】ミロス


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。